※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

てんぐとおしし
『天狗とお獅子』

― 岩手県 ―
再話 藤沢 美雄
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところにお爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんと、息子夫婦(むすこふうふ)と孫(まご)達がいだど。
 今日は、お爺さんが孫達と留守番(るすばん)をしていだど。
 縁側(えんがわ)でひなたぼっこしながら、孫達にとりまかれて、お爺さんは昔話っこを聞かせていだど。
 昔話っこもだんだん種っこ切れできだど。
 孫達せがむし、あと、なにをしたらいいか、お爺さんもこまってしまっだど。

 唄(うた)っこもしらねいし、踊りっこもしらねいし、考えに考えて、仕方(しかた)ねぐフンドシをはずしだど。そして、ぽろんと出しで、
 「ほら、天狗(てんぐ)の面だ、天狗の面だ、ドドンスコドン。天狗の面だ、天狗の面だ、ドドンスコドン」
と、跳びまわっだど。
 孫達、大喜びしだど。
 
天狗とお獅子挿絵:かわさき えり

 次の日は、お婆さんが孫達と留守番をしだど。
 したっきゃ、孫達、
 「婆さんも、天狗の面やって呉(け)ろ」
て、せがんだど。お婆さん、きょとんとしでいだど。
 「天狗の面て、なんだ」
て、そのわけを聞いたお婆さんが、
 「女のできないことを教えたりすて、爺さんもこまった人だ」
と、こぼしながら、仕方ねぐ腰巻っこの前を開いだど。そして、
 「ほら、お獅子(しし)パクパク。お獅子パクパク」
と踊っだど。
 孫達、手をたたいて喜んだと。

  どんとはらい。

「天狗とお獅子」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

天狗とお獅子(てんぐとおしし)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

大歳の火(おおどしのひ)

大歳の火(おおどしのひ)

 昔、ある分限者(ぶげんしゃ)の家で沢山の女中を使っていた。その中に主人のお気に入りの娘(むすめ)が一人いたと。明るくて、まめまめ、よう働く娘(こ)であったと。

この昔話を聴く

わに鮫と医者坊主(わにざめといしゃぼうず)

わに鮫と医者坊主(わにざめといしゃぼうず)

昔、ある渡場(わたしば)に乗り合いの船(ふね)があったと。お客を乗せて海を渡っていたら、急に船が動かなくなったと。いっくらこいでも、船は前にも進まない、後にも戻(もど)らない

この昔話を聴く

怠け神(なまけがみ)

怠け神(なまけがみ)

むかし、あるところに大変な怠(なま)け者(もの)がおったと。自分の食う物をとるのさえ億劫(おっくう)なくらいで毎日寝てばかりの暮らしだったと。屋根は…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!