※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

じさまとばさまのはなし
『爺様と婆様の話』

― 岩手県 ―
採集 丸山 久子 / 佐藤 良裕
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あったず。

 ある所ね、爺様(じさま)と婆様(ばさま)あったず。
 その家の裏(うら)に大き木ぃあったず。
 あるとき、又八(またはち)ず人ぁ来て、
 「家の裏にある、けやき売(う)れ」
たへで、婆様、
 「良(え)え」
て、売るごどねしたず。

 
爺様と婆様の話挿絵:かわさき えり
 
爺様、年とって耳ぁ聞けながったずども、木ぃ、ぎゃりぎゃりど転んで、どつんと地響(じひびぎ)ぁしたへで、
 「婆、婆、今の地響ぁ、何の音でぇ」
たへで、婆様、家の裏の方指さして、
 「木ぃ売った」


でば、
 「なんの木ぃ売ったぁ」
たへで、婆様、我のわきの下の毛一本抜(ぬ)えで、火で焼(や)ぇで見せだば、
 「ははあ、けやき一本売ったのが。だれさ売ったぁ」
たへで、婆様、流しさ行って、鉢(はち)持って来て、爺様の前さ伏(ふ)せて、それ、またいで見たへだば、
 「ははあ、又八さ売ったのか、なんぼね売ったぁ」
たへで、指二本出したば、
 「二百両がぁ」
 
爺様と婆様の話挿絵:かわさき えり


たへで、小指二本出したば、
 「二十両がぁ、なんでそったね安ぐ売ったぁ、又八にだまされで安ぐ売ったな」
 たへで、婆様、ぐるっと腰巻(こしまき)めくって尻(けつ)出して、爺様さ突き出したば、
 「ははぁ、そうだったか。木ぃに洞(ほら)入ってらったのが。へでぁ安いはずだ」
たず。
 
 これでどっとはれぇ。

「爺様と婆様の話」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

爺様と婆様の話(じさまとばさまのはなし)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

宝の瓢箪(たからのひょうたん)

宝の瓢箪(たからのひょうたん)

昔、あるところに貧乏(びんぼう)な正直爺(じい)がおったと。その日、その日をどうにかしのいでおったが、一度ぐらい福運(ふくうん)が向いて来ないかなあ…

この昔話を聴く

猪狩り正右衛門(ししがりしょうえもん)

猪狩り正右衛門(ししがりしょうえもん)

昔、日向の国、今の宮崎県西都市に正右衛門という狩人があったげな。正右衛門は猪撃ちの狩人でな、山に入ると猪の気配を感じるじゃろか、犬の放しどころに無駄がなかったちいうぞ。

この昔話を聴く

分別八十八(ふんべつやそはち)

分別八十八(ふんべつやそはち)

むかし、むかし、奥州のある村に、八十八という名前の男が六人も住んでおったそうな。あだながなくては誰が誰だかよくわからない。そこで、一人は気が荒いから外道八十八、ひとりは博変がすきで博奕八十八・・・

この昔話を聴く

現在813話掲載中!