※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ふっとびばなし
『吹っとび話』

― 岩手県 ―
再話 平野 直
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがし、あるところに若い侍(さむらい)があって、戦(いくさ)でえらい手柄(てがら)をたてたども、殿(との)さまはどうしたことか恩賞(おんしょう)をくれなかった。
 そこで、浪人(ろうにん)して、武者修行(むしゃしゅぎょう)の旅に出はた。

 行くが行くが行くと、幾抱(いくかか)えもあるような大木(たいぼく)を、ミリミリどひき抜いで、根っこごと背負(しょ)って歩いてる力持ちの男に出会った。


 「どうだ、俺(おれ)と一緒に修行の旅さ行がないが」
ど誘(さそ)うど、
 「はい、お供します」
と、家来(けらい)になって従(つ)いてきた。

 また行くが行くが行くと、風もないのに丘(おか)の風車コが、フルフルど廻(まわ)っていた。
吹っとび話挿絵:福本隆男

 
 不思議だとなおも行くと、木の股(また)コさ足をふんまえで、片鼻(かたはな)吹いてる男があった。
 何してるのだと訊(き)くと、一里(いちり)先の風車コ廻しているのだという。この男も何がの使い道になる、一緒に行がないが、というと、家来になって従いてきた。

 なおもづんづん行くと、鉄砲(てっぽう)で何が狙(ねら)っている男がいた。訊いてみると、
 「おれは目の良いごと天下一(てんかいち)で、何でも狙ったら逃(のが)さないという猟師(りょうし)だ。今、蝿(はえ)の目玉を狙っているところだ」
ど言った。それで、この男も家来にした。


 行くが行くが行くと、今度は、片足ケンケンで追いついてきた男があった。
 「おれは片足ケンケンでは誰(だれ)にも負けない男だ。どうか家来にして呉(け)ろ」
と頼まれたので、その男も家来にして、ひき連れて行った。

 また、行くが行くが行くと、帽子(ぼうし)を横被(かぶ)りした男がやってきて、
 「おれのこの帽子は、まっすぐに被り直せば、どんな火でも氷にして見せる。おれもお供(とも)させて呉ろ」
と言った。

 若い侍は、力持ちと、鼻吹きと、目のよい鉄砲うちの名人と、ケンケンの男と、帽子横被り男の五人を家来にして、旅を続けて行くうちに、ある城下(じょうか)さ着いた。


 お城の前には、殿さまの一人娘のお姫(ひめ)さまの婿(むこ)選びの高札(こうさつ)が建っていた。

 若い侍が志願(しがん)してお城さ行くと、殿様に、一里半先に走り出しているお姫さまと三里先の泉(いずみ)から水汲(く)み競争をしてみせろと言われた。
 若い侍は
 「その程度(ていど)のこと、私がやるまでもない。家来で充分(じゅうぶん)」
といい、ケンケンに、
 「お前、その足で水を汲んでこい」
と命じた。

吹っとび話挿絵:福本隆男

 ケンケンは片足ケンケンでも速いのなんの、姫よりずうっと先に泉さ行き着いて水を汲んだ。姫は、まだまだ来るまいど、途中で昼寝(ね)をしたと。
 姫は、ケンケンが昼寝をしている間に、ケンケンの水をぶんまけてから泉へ行き、水を汲んで戻(もど)りを急いだと。


 それを、目ききの鉄砲うちが見て、これで勝ち負けが分からなくなったと思うたど。得意の鉄砲の狙いつけて、ケンケンの寝ぶっている木の根っこを撃(う)ったので、ケンケンはびっくりして飛び起きた。ぶんまけられた空の桶(おけ)さ、もう一度水汲んで、ケンケンで走って、とうとう姫に勝ってしまった。

 殿さまはそれを見て、
 「やぁやぁ、出来(でか)した」
と、下へも置かないもてなしをしてくれたと。六人はすっかりくつろいで、油断(ゆだん)してしまった。殿さまは策(さく)を計(はか)って、六人全員金張(かなば)りの部屋さ押しこめてしまったと。そしてビンと鍵(かぎ)をかけ、表からどんどん火を焚(た)いて、火責(ぜ)めにした。

吹っとび話挿絵:福本隆男

 いよいよ焼き殺される段(だん)となったとき、帽子横被りが、
 「みんな、案じなくともよい」
どいうで、被っていた帽子を、しゃんと前にかぶり直した。すると、今までむんむん焼けていた部屋は、すぐに涼(すず)しくなって、中で酒盛(さかも)り出来るほどだと。


 殿さまは、もう焼け死んだ頃(ころ)だと思うて、部屋の戸を開けて見ると、六人が生きているどころのさわぎでない。皆(みな)、涼しそうな顔をしている。これには驚(おどろ)いたが、さりげなく、
 「やぁやぁ、えらい力を持った人たちだ。姫も金もづっぱりやるから、背負(せお)えるだけ持ってって呉ろ」
と言ったど。
 そこで、若い侍は、姫などいらぬ。金だけ貰(もろ)うて行ぐ、と大きな袋(ふくろ)を作り、城中の金銀をみんな袋さつめこんで、力持ちに背負わせて、お城を出たと。

 ところが、途中(とちゅう)までくると、殿さまは金をとりかえしに軍勢(ぐんぜい)を差し向けてきた。
 それを見た片鼻吹きは、おれの出番はここぞとばかりに、追いかけてきた軍勢を馬ごと、片鼻でふんと吹き飛ばしたと。ついでに、この話も吹(ふ)き飛ばしたど。
 どんとはらい。

こんなおはなしも読んでみませんか?

榛名湖の腰元蟹(はるなこのこしもとがに)

榛名湖の腰元蟹(はるなこのこしもとがに)

むかし、上野(こうずけ)の国、今の群馬県(ぐんまけん)の榛名山(はるなさん)のふもとに立派(りっぱ)な館(やかた)があった。館にはひとりの可愛らしい…

この昔話を聴く

吉四六さんさざえを買う(きっちょむさんさざえをかう)

吉四六さんさざえを買う(きっちょむさんさざえをかう)

むかし、大分県の野津市というところに、吉四六という知恵者の男がおった。あるとき、吉四六さんが臼杵の街を通りかかると、魚屋の店先に、十個ばかりのさざえがあるのが目にとまった。

この昔話を聴く

現在698話掲載中!