※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

おおかみときつねとからじしととらのきょうそう
『狼と狐と唐獅子と虎の競争』

― 岩手県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、昔、あったと。
 日本(にっぽん)の狼(おおかみ)のところに、天竺(てんじく)の唐獅子(からじし)から腕競(うでくら)べをしよう、といって遣(つか)いがきたそうな。
 日本の狼は、狐を家来にしたてて、天竺へ行ったと。
 天竺では唐獅子と虎が待っていた。

 
狼と狐と唐獅子と虎の競争挿絵:かわさき えり

 はじめに吼(ほ)えくらべをしたと。
 唐獅子が一声七里四方の鍋釜(なべかま)もさけるような声で吼えた。狼と狐は、穴を掘ってその中に入ってけろりとしていたと。


 その次は、駆(か)けくらべをしたと。
 一日千里を駆ける虎(とら)と狐の競争になった。
 虎が駆け始める寸前(すんぜん)に、狐は蟻(あり)に化けて虎の尻尾(しっぽ)にしがみついた。
 虎は尻尾を真一文字にのばして駆けに駆けた。向こうに着くと、虎はふり向いて、
 「どれ、狐はどの辺を駆けているかな。やぁ、見えないほどおくれとるか」
と、カッカ、カッカとごうけつ笑いしたと。
 そのすきに虎の尻尾からおりた蟻が、元の狐の姿(すがた)に戻(もど)って、虎の背中(せなか)へ、
 「やぁ、虎どのは今着いたか」
というて、うそぶいたと。


 一番終いの競べっこは、おのおの、技(わざ)をつくしての腕競べであったと。
 狐は富士山をこしらえ、竹藪(やぶ)や岩や木などを生(は)やして、虎と唐獅子の住みよい家をつくってやった。虎と唐獅子は、
 「こんなことまでしてもらって、すまないな」
といって、そこへ入って行ったと。

 
狼と狐と唐獅子と虎の競争挿絵:かわさき えり

 そしたら狐は、家のまわりを泥(どろ)海にして、虎と唐獅子を逃(に)げられないようにし、それから、どんかどんかと、火をかけた。


 虎と唐獅子は、どうあっても火から逃(のが)れられなかった。とうとう、狐に、
 「助けてくれぇ」
と、泣いて降参(こうさん)したと。狼は、
 「日本のけだものは、狐でさえもこれほどだ、狼のおらが出るまでもない」
と威張(いば)ったと。
 狼は狐をつれて日本へ帰って来たそうな。
 
 どんとはらい。

岩手県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

避けられない年取り(さけられないとしとり)

避けられない年取り(さけられないとしとり)

むがしあったずもな。あるどこに年取りだぐねえ男がいだんだど。ある年の、暮れも迫(せ)まったごろ、その男が、「年取りだぐねえ、年取りだぐねえ」って、村…

この昔話を聴く

東の長者と西の貧乏どの(ひがしのちょうじゃとにしのびんぼうどの)

東の長者と西の貧乏どの(ひがしのちょうじゃとにしのびんぼうどの)

むかしむかし、ある村に東の家と西の家とがあったと。東の家は長者どので、大っきな屋敷(やしき)に蔵(くら)もあり、子沢山(こだくさん)だったと。西の家…

この昔話を聴く

米倉 小盲(こめくら こめくら)

米倉 小盲(こめくら こめくら)

昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが暮らしていたと。ある春雨(はるさめ)の降(ふ)る日、爺さんが簑笠(みのかさ)つけて畑おこししていたら…

この昔話を聴く

現在723話掲載中!