※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

てんぐ
『天狗』

― 岩手県遠野市 ―
再話 佐々木 喜善
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、遠野(とうの)に万吉(まんきち)という人があった。
 ある年、※鉛(なまり)の温泉 へ行った時のこと。
 浴場で見たこともない大男が声をかけてきた。
 「お前は、遠野の万吉だべァ。俺(おれ)は早池峯山(はやちねさん)の天狗(てんぐ)だ。今まで、山ん中の木の実ばかり食うていたども、急に白い飯(まんま)が食いたくなって来た。湯治(とうじ)が済(す)んだら、俺も遠野さ遊びに行くから訪(たず)ねて行くよ」
 「それは、それは、是非(ぜひ)来て下さい」
 
 
※鉛の温泉:岩手県花巻市にある温泉

 
天狗挿絵:近藤敏之
 
万吉は、そう返事をして、その日のうちに馬を頼(たの)んで湯治場を立ち去ったと。


 その頃(ころ)町に、東屋(あずまや)という酒屋があった。
 ある日の夕方、見知らぬ大男が来て、酒一升(さけいっしょう)借りたいという。番頭(ばんとう)が、知らない人には貸(か)すことは出来ないというと、
 「それなら俺は、これから早池峯山さ行って銭(ぜに)を持ってくる」
というて、酒屋出て行ったが、それから小一時(こいっとき)も経(た)たないうちに、またやってきて、錆(さ)びた文銭を帳場(ちょうば)へ投げつけて、酒を買って出たと。


 酒屋の番頭は、どうも妙(みょう)な男だと思うて、あとをつけたと。そしたら、万吉の家へ入って行った。男が、
 「万吉、おるかぁ。俺(おれ)だぁ。来たぞう」
と叫ぶと、内(なか)から女房(にょうぼう)が、
 「うちの人はまだ帰って来ませんが、あの、どなたさまでしょう」
 「そうか、ご主人は未だ湯治場から帰って来ぬか。なに、おっつけ帰ってくるべい」
 こういうているところへ、当の万吉が帰ってきた。


 万吉は、自分が湯治場を立つときには、まだそこに居(い)て、湯に入るというていた人が、どうして、馬をとばしてきた俺より先に来ているのだろう。これは本当にただの人間ではない。そういえば、早池峯山の天狗だ、いうておった。もしかしたらそうかも知れん。と、考えて、この男を家にあげて、手厚くもてなしたと。
 その男は、万吉の家で毎日毎日、なにするでもない。ぶらぶらして、白い飯を食い、酒を飲んで寝(ね)る。
 ただひとつ、きまって、一日に一羽、鳥を捕(とら)えて来て、それを焼いて万吉と女房に食べさせたと。そうして、ある日、一言、
 「世話になった」
というて、どこかへ出掛(か)け、二度と万吉の家には来なかったそうな。

 
天狗挿絵:近藤敏之

 その男の残して行ったものが、今でも万吉の家にあるが、小さな弓矢と、十六弁の菊(きく)の紋章(もんしょう)のある麻(あさ)の帷衣(かたびら)のような衣と、下駄(げた)一足である。


 また、この町に、旅の男で天狗、天狗と呼(よ)ばれる者があった。
 月の半分はどこかに飛んで行って居(お)らず、人の知らぬ間に帰って来たりしていた。
 町で病人のあるときなどは、頼(たの)まれて十四、五里も離(はな)れた釜石浜(かまいしはま)へ往復(おうふく)するがあったが、そんなときには町のはずれをヒラヒラと行く姿(すがた)はみとめられたが、あとはたちまち見えなくなったという。


 病人に食わせる魚などを買いに頼まれると、その道を二時間位で往復した。
 これも御維新(ごいしん)の頃の話しだと。
 
 どんとはらい。

「天狗」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

天狗(てんぐ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

桑原桑原桑原(くわばら くわばら くわばら)

桑原桑原桑原(くわばら くわばら くわばら)

むかし、むかし、あったと。ある春先(はるさき)のうららかな日。縁側(えんがわ)で婆(ばあ)が爺(じい)の足の爪(つめ)を切ってやり、そばでは猫が大(…

この昔話を聴く

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

むかし、吉四六さんが裏の柿の下で薪割りをするためにマサカリを振り上げたら、枝の熟柿が頭に落ちてきたと。てっきりまさかりの刃が抜けて頭に落ちてきたと思うたもんじゃき、「うわぁ、大変じゃ。誰か来ちくりィ。ああ痛え、早う医者を呼んでくりい」と、大騒ぎだと。

この昔話を聴く

順めぐり(じゅんめぐり)

順めぐり(じゅんめぐり)

むかし、あるところに、一人の猟師(りょうし)がおったげな。ある日、鉄砲をかついで山に出掛け、藪(やぶ)にしゃがんで獲物(えもの)が来るのを待っちょっ…

この昔話を聴く

現在786話掲載中!