※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

わすれてもうひとつ
『忘れてもう一つ』

― 岩手県 ―
再話 藤沢 美雄
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、
 あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんがいだど。
 爺さんは七十五、婆さんは七十で、どっちも、目もはっきりしていたし、歯も、漬物ぱりぱりと食っていで、まだまだ達者(たっしゃ)だったど。

 
忘れてもう一つ挿絵:福本隆男

 あるとき、村の長者どのが、爺さん聞いたど。
 「爺さん、達者でなによりだなっす。目と歯は大丈夫っすが」
 「はい、目も歯もこのとおり、まだまだ若者には負けねがんす。ただ、もの覚えの方が、少しうすくなりやんした」


 爺さん、シワだらけの顔をニコニコどさせで言ったど。したら長者どの、
 「ははぁ、もの覚えが悪くなったのすか。孫の名前でも、ちょっとド忘れすることがあるのすかぁ」
と聞いだ。
 
 そしたら、そばにいた婆さんが、
 「いやいや、そでねがんす。
  爺さんなっす、わしの布団(ふとん)から出はった思うと、今の今までやったこと忘れで、またのこのこ這入(はい)ってくるのでがんす。このごろめっきり忘れっぽくなりやんした」
といったど。
 どんとはらい。

「忘れてもう一つ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

二人ともお達者すぎる!( 30代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

お清ぼたん(おきよぼたん)

お清ぼたん(おきよぼたん)

昔(むかし)、京の都(みやこ)で源氏(げんじ)と平家(へいけ)が戦(いくさ)をしていた頃(ころ)のこと、信濃(しなの)の山あいの小さな里に、傷(きず…

この昔話を聴く

トト、おるかぁ(とと、おるかぁ)

トト、おるかぁ(とと、おるかぁ)

昔、ある山の中に、若い夫婦者があったと。二人には子供もなかったし、人里離れた山の中だし、身を寄せあって、仲好う暮らしていた。

この昔話を聴く

天狗の隠れみの(てんぐのかくれみの)

天狗の隠れみの(てんぐのかくれみの)

むかし、あるところにばくち打ちがおったそうな。あるときばくちに負けてフンドシひとつになってしまったと。「カカァの着物を質に入れて金を作ったのに、俺ら…

この昔話を聴く

現在824話掲載中!