1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 鹿児島県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

鹿児島県の昔話(全23話)

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

昔、ある山間(やまあい)に一軒(けん)の家があって、男と女房(にょうぼう)とは暮(く)らしていたと。 家の前の道、ときどき、猟師(りょうし)たちが猪(いのしし)だの熊(くま)だの獲物(えもの)を担(かつ)いで通ったと。

この昔話を聴く

わらしべ王子(わらしべおうじ)

わらしべ王子(わらしべおうじ)

むかし、琉球(りゅうきゅう)の那覇(なは)に、母と男の子とが二人で暮(く)らしてあったと。 男の子が七歳(さい)になったとき、母は死の病(やまい)にかかったそうな。

この昔話を聴く

烏と鷹(からすとたか)

烏と鷹(からすとたか)

むかしは染物(そめもの)をする店を普通(ふつう)は紺屋(こうや)と呼んだがの、このあたりでは紺屋(くや)と呼んどった。紺屋どんは遠い四国の徳(とく)島からくる藍玉(あいだま)で染物をするのですがの、そのやり方は、藍甕(がめ)に木綿(もめん)のかせ糸を漬(つ)けては引きあげ、キューとしぼってはバタバタとほぐしてやる。

この昔話を聴く

イッシャ(いっしゃ)

イッシャ(いっしゃ)

九州の南、奄美群島(あまみぐんとう)のひとつ、徳之島(とくのしま)の母間(ぼま)あたりの集落には、昔は夜になると、“イッシャ”という小(こ)んまい妖怪者(ようかいもん)が、犬田布岳(いぬたぶだけ)から下りて来たそうな。

この昔話を聴く

弥勒と釈迦(みろくとしゃか)

弥勒と釈迦(みろくとしゃか)

むかし、むかし、大昔。弥勒と釈迦のホトケが、『世の中』を奪う争いを起こして、どちらも譲らなかったそうな。争いは長いこと続いたと。

この昔話を聴く

隠れ里(かくれざと)

隠れ里(かくれざと)

“隠れ里”と聞いて、あなたは何を思い浮べますか?戦で敗けた落武者がひっそりと隠れ住む集落でしょうか。しかし、昔話での“隠れ里”はそれとは趣がちょっと違います。

この昔話を聴く

出世息子(しゅっせむすこ)

出世息子(しゅっせむすこ)

昔、あるところに夫婦者がおいやって、二人の間に男の子が出きんしゃった。その子は七ツ八ツになって使い事をよくするようになったが、親の言うことにそむいたことの無い子で、それが世間にも評判になった。

この昔話を聴く

百合若大臣(ゆりわかだいじん)

百合若大臣(ゆりわかだいじん)

昔、あるところに、それはそれは豪胆(ごうたん)な百合若大臣(ゆりわかだいじん)という武将(ぶしょう)があったと。百合若大臣は、ひとたび眠れば七日間も眠り続け、起きれば七日間も起き続けるという人であったと。

この昔話を聴く

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

むかしむかし、あるところにおっ母さんと息子とが居てあったと。息子は山で薪(たきぎ)を伐(き)っては町方へ売りに行き、親子二人その日その日を暮していたと。

この昔話を聴く

鼻のび糸巻(はなのびいとまき)

鼻のび糸巻(はなのびいとまき)

むかし、あるところに博奕(ばくち)の好きな男がおったと。今日も負ける、明日も負けるで、すっからかんになってしもたと。

この昔話を聴く

茶のはじまり(ちゃのはじまり)

茶のはじまり(ちゃのはじまり)

昔、大島のある村に、お茶というものが来た、というて、村中の老人、青年、女、子供、みんな浜に出て、味見をすることになったと。大きな釜(かま)を浜に据(…

この昔話を聴く

丹波の一時餅(たんばのいっときもち)

丹波の一時餅(たんばのいっときもち)

昔は丹波(たんば)の一時餅(いっときもち)というのを食べると、すぐ馬になる、という諺(ことわざ)があった。それにはこんな由来があるのだそうな。昔、あ…

この昔話を聴く

きつつきと雀(きつつきとすずめ)

きつつきと雀(きつつきとすずめ)

むかし、むかし。きつつきと雀は姉妹(しまい)だったそうな。あるとき、きつつきと雀は着物を織ろうとかせ糸を染めていたと。そしたらそこへ使いが来て、「親…

この昔話を聴く

鬼ガ島の目一(おにがしまのめいち)

鬼ガ島の目一(おにがしまのめいち)

むかし、ある村に両親にさきだたれた娘が一人で暮らしておった。あるとき、娘は山に椎(しい)の実を拾いに行った。その頃は鬼がいて、鬼ガ島から赤鬼がカゴを…

この昔話を聴く

猿の生肝(さるのいきぎも)

猿の生肝(さるのいきぎも)

昔、竜宮の神さまのひとり娘、乙姫(おとひめ)が病気になったので、法者(ほうじゃ)に占ってもらったと。法者はムニャラ、ムニャラ占いをやって、「この病気…

この昔話を聴く

籾とおしと天狗さま(もみとおしとてんぐさま)

籾とおしと天狗さま(もみとおしとてんぐさま)

網(あみ)の目や篩(ふるい)や笊(ざる)や籾(もみ)とおしのように、目のたくさんあるものをとおしては、ものを見てはいけないといわれています。幸(さち…

この昔話を聴く

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱはいたずら好きで、よく夜になると馬小屋にしのびこみ、馬がへとへとになるまで乗りこなすそうな。馬が疲れてくると、その馬の尻尾(しっぽ)をしばって…

この昔話を聴く

狐の倉(きつねのくら)

狐の倉(きつねのくら)

むかし、あるところにひとりの男がおったと。男が荒地(あれち)を畑にしようと掘り起こしていたら、鍬(くわ)が思いっきり石を叩(たた)いた。「しもうた」…

この昔話を聴く

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

むかし、あるところに病気でふせっている娘がおったと。娘の病気は日に日に重くなって、いよいよ今日死ぬか、明日死ぬかという日のこと、真夜中になって一人の…

この昔話を聴く

旅人馬(たびびとうま)

旅人馬(たびびとうま)

むかし、あるところに金持ちの子と貧乏人の子がおって、仲良くしておったと。あるとき、二人はそろって旅に出たそうな。いくがいくがいくと、見も知らぬ遠い村…

この昔話を聴く

目ひとつ五郎(めひとつごろう)

目ひとつ五郎(めひとつごろう)

むかし、ある船が都で荷を積んで船出したそうな。ところが、途中で風向きが変わって、船は、どんどん流されてしまったと。いく日も、いく日もかかって、やっと…

この昔話を聴く

猿の生き肝(さるのいきぎも)

猿の生き肝(さるのいきぎも)

むかし、竜宮浄土の乙姫さまが病気になられて、いっこうに治らないんだと。神様に見てもらったら、「猿の生き肝を食えばよくなる」と言われた。「ほうせば、だ…

この昔話を聴く

人影花(ひとかげばな)

人影花(ひとかげばな)

むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な婿(むこ)どんがおって、いとしげな嫁ごと暮らしておったそうな。そのころはまだ鬼(おに)がおっての、ときどき里に…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
三枚のお札」の感想

お札の力にビックリ! 和尚さんの冷静な態度と知恵も流石だなぁと感心しました!( 40代 / 男性 )

感動
「民話の部屋」の感想

読書会のために昔話を検索していて偶然たどり着きました。こんな丁寧なお仕事をされていたなんて感激です。日本各地に残る民話や昔話をデータベース化しているのにびっくりしました。しかも、毎週1回のハイペースでの作業、本当に頭が下がります。是非是非、今後も続けてください。読書会メンバーにも広めました!フジパン、食べます。( 60代 / 女性 )

感動
「民話の部屋」の感想

学生の頃によく 寝る前電話で聞いていました。 明るい声に安心し心地よく 眠ることができました。まだやってられるとわかって驚きと共にあのころの 事も思い出され懐かしく、嬉しい気持ちです。ありがとうございます。( 30代 / 女性 )

もっと表示する
怖い
雪女」の感想

押し絵が寒気がするほど怖い

驚き
雪姫」の感想

蛇にツノとはめずらしい

楽しい
二人の無精者」の感想

何でも面倒でも言葉を出すのはできてしまうんですよね( 10代 / 男性 )

怖い

たったの一言が恐いものですね。( 10代 / 男性 )

驚き
比良の八荒」の感想

この民話は、女性は、一途になり易い、女性の気持ちを蔑ろにしてはいけないという戒めだろうか?( 70代 )

楽しい
どくれの万六」の感想

「どくれ」と言う言葉は初めて聞きました。アハハと笑えて楽しいお話ですね。( 50代 / 女性 )

楽しい
としくらべ」の感想

ええっ!とびっくりしながら笑ってしまいました。挿絵もおもしろいですね。( 50代 / 女性 )