※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きつつきとすずめ
『きつつきと雀』

― 鹿児島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。きつつきと雀は姉妹(しまい)だったそうな。
 あるとき、きつつきと雀は着物を織ろうとかせ糸を染めていたと。
 そしたらそこへ使いが来て、
 「親が病気で死にそうだから、すぐに来い」
というたと。
 親おもいの雀は、親が病気と聞いて、着物どころではない。
 「姉ちゃんすぐに行こ」
というたら、きつつきは、
 「なによ、大げさなんだから。そんなにかんたんに死ぬもんですか。私は着物を縫いあげてから行く。美しい着物を着た私を見たら、いっぺんに元気になるわよ」 

 挿絵:かわさき えり
 というて、かせ糸を染め続けたと。雀は、
 「じゃあ、私、先に行くね。やっぱり心配だから」
というて、かせ糸を首にかけたまま飛んで行ったと。
 きつつきは「妹はほんとに心配性なんだから」といいながら、かせ糸を染めていたと。 

 雀が親のところへ着いてみたら、親の病気は本当に重くて、今にも命が切れようとしていた。親が寝床から雀を見て、
 「おお、ようきてくれた。お前ひとりか。お姉ちゃんは」
ときいたので、雀は、
 「お姉ちゃんはきれいなべべを縫いあげてからくるって」
というた。そしたら親は、
 「きつつきには、親の死に目にすぐに来ない罰をやらにやぁ」
というて、
 「姉には、『山の木の虫をとっては、一(ひと)つは天に、一つは地にあげて、三つ目が自分の口に入るような暮らしをしなさい』というといてちょうだい。いいわね。
 雀よ、お前は親孝行だから、村々の米倉を捜して、米を食べる暮らしをしなさい。田んぼの初穂をついばみ、豊作を祝ってやる暮らしをしなさい」
というた。これがゆいごんになったと。 

 挿絵:かわさき えり
 それで雀は初穂をついばみ、米倉に寝て米を食べ、きつつきは山で木にさかさにとまって、木に穴を開けて虫を捜しているのだそうな。
 雀が首に白い木綿をまいて、きつつきがかすりの美しい着物を着ているのは、こんなことがあったなごりなんだと。

 そしこんむかし。 

「きつつきと雀」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

きつつきと雀(きつつきとすずめ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

柳の美男(やなぎのびなん)

柳の美男(やなぎのびなん)

昔、盛岡の木伏に美しい娘があったと。毎日家の前の北上川へ出て、勢よく伸びた柳の木の下で洗濯物をしていた。あるとき、その娘がいつものとうり洗濯に出たまま行方がわからなくなったと。

この昔話を聴く

湖山長者(こやまちょうじゃ)

湖山長者(こやまちょうじゃ)

むかし、因幡(いなば)の国(くに)、今の鳥取県に湖山長者という大層欲深かな長者がおったと。長者の田んぼは千町もあって、その田んぼを一日で植えるしきた…

この昔話を聴く

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい)

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい)

 昔あったと。  カッコという名前の子供があったと。  実の母さんは早ように死んで、継母(ままはは)が来たそうな。

この昔話を聴く

現在829話掲載中!