※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

おぼんのおそなえ
『お盆のお供え』

― 鹿児島県 ―
再話 田畑 英勝
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 盆の十五日に送られたご先祖(せんぞ)さまは、道々自分の子孫(しそん)たちの接待(せったい)ぶりやごちそうの話をしたり、また、土産物(みやげもの)など出して見せあったりするのだそうな。それでこういう話がある。
 ご先祖さまが、墓に送られながら道々こう話していたそうだ。

 
お盆のお供え挿絵:福本隆男

 一人のご先祖さまは、
 「自分の子孫の家では、大変なもてなしで楽しかった。いろいろな供え物がたくさんあり、大好物の赤飯に、青菜の汁などがあって、本当に満足で、もう思い残すことは何もない」
と。


 すると、もう一人のご先祖さまは、
 「自分の子孫は大変貧乏で、自分の大嫌いな粟飯(あわめし)と干瓢(かんぴょう)だけしか食べさせてくれない。
 それに小さい子供がうるさくて仕様(しよう)がないので、そばの地炉(じろ)の中に投げ込んできた。今頃は家中大騒ぎしてるだろう。」
といっていた。
 
お盆のお供え挿絵:福本隆男


 この話をある人が聞いて、びっくりして、その家に行ってみると、本当に子供が地炉の中に落ちて大騒(おおさわ)ぎをしていた。
 その人は、ご先祖さまが語っていた一部始終(いちぶしじゅう)を話してやったと。
 それからは、その家では、粟飯と干瓢は出さなくなったそうな。
 盆に子供たちを泣かせたり、騒がせたりしてはいけないというのも、昔にこういうことがあったからなんだそうな。

「お盆のお供え」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

貧乏な子孫になんて仕打ち! 天国に帰らせないで、地獄に落としてやればいいのに!( 50代 / 女性 )

驚き

子孫が貧乏だってわかってるのにお供えにケチをつけた上、自分の子孫でもある子供に害をなす御先祖って…( 30代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

鴨取り権兵衛(かもとりごんべえ)

鴨取り権兵衛(かもとりごんべえ)

むかし、あるところに、権兵衛(ごんべえ)さんという鉄砲撃ち(てっぽううち)の名人がおったそうな。この権兵衛さんが、鉄砲をかついで奥の沼に行った時のこ…

この昔話を聴く

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

昔、あったと。あるところに金持ちの欲深(よくぶか)爺(じじ)と婆(ばば)がいたと。ある晩げのこと、旅の六部(ろくぶ)がやって来て

この昔話を聴く

鳩合点(はとがてん)

鳩合点(はとがてん)

うぐいすが啼(な)く頃になりましたねえ。うぐいすはきれいな鳥で、ほんとに立派な巣うもこしらえるのよ。昔にね、うぐいすの巣うを鳩が見て、あんな立派な巣うをおれもこしらえられたらいいなあって。

この昔話を聴く

現在829話掲載中!