※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『ダンゴドッコイショ』

― 神奈川県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある村に、ちょっぴり頭の弱いムコさんがおった。
 あるとき、ムコさんは、山一つ越したヨメさんの実家へ、ごちそうによばれて行った。
 ヨメさんの親は、よろこんでよろこんで、ヤレ食え、ソレ食え、とダンゴをたあ―んとごちそうしてくれた。
 ムコさんは、出されたものがあんまりうまいので、ムシャムシャ食いながら、
 「こんなうまいもんは、はじめてだ。これはなんというものだ」
とたずねた。すると、ヨメさんの親は、
 「これは、ダンゴというもんだ。お前さんとこにヨメに行った娘は、ダンゴ作りが上手だから、帰ったら作ってもらいなされ」 

 挿絵:かわさき えり
 というた。
 それを聞いたムコさんはうれしくてたまらん。忘れちゃならんと思うて、ヨメさんの実家にいる間じゅう
 「ダンゴ、ダンゴ、ダンゴ、ダンゴ」
と大声で言うていた。帰り道も忘れんように
 「ダンゴ、ダンゴ、ダンゴ、ダンゴ」
と言いながらあるいていた。 

 そうしたら、小川があったので
 「ドッコイショ」
とかけ声をかけて小川を飛びこした。すると今度は、
 「ドッコイショ、ドッコイショ、ドッコイショ、ドッコイショ」
と言いながら家に帰って行った。
 やっと自分の家に着いたムコさんは、いきなりヨメさんに
 「お前の実家でドッコイショという、うまいもんをごちそうになった。すぐにドッコイショを作ってくれ」
と言うた。ところが、ヨメさんはなにがなんだかさっぱりわからん。
 「ドッコイショってなんだ」
と聞き返すと、
 「お前の親が、お前はドッコイショの作り方が上手だと言うていたのだから、知らんはずはない」
 「そんなこと言うても、ドッコイショなんて知らん」 

 二人で言い争いをしているうちに、ムコさんはとうとうおこってしまい
 「これほど言うても分からんか」
と言うと、ヨメさんの頭を思いきりぶんなぐった。たちまち大きなコブが出来た。
 「あいたたたぁ、頭にダンゴのようなコブができた」

挿絵:かわさき えり

 ヨメさんが言うと、ムコさんは、ハッと気がついて、
 「おお、そうだ、そのダンゴのことよ」
 こう言うたんだと。

 いきがさけた 

「ダンゴドッコイショ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

ヨメさん,大丈夫。( 10歳未満 / 女性 )

怖い

いくらいらついても、たたかなくても・・・( 10歳未満 / 女性 )

驚き

だんごを、どっこいしょと間違えたむこさん、ちょっとおドジだと思った。( 10歳未満 / 女性 )

もっと表示する
驚き

だんごがいつの間にかどっこいしょになる話がまさか地元神奈川の話だとは思いませんでした。神奈川出身ではない父がよく話聞かせてくれた物語でした。( 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

爺さんと狸物語(じいさんとたぬきものがたり)

爺さんと狸物語(じいさんとたぬきものがたり)

明治から大正の頃のようじゃが、池の集落に、宮地というお爺が居って、いってつ者であったと。  楽しみといえば、中央の池に出て、鯉や鮒、鰻などを釣ってきて、家の前の堀池で飼い、煮たり焼いたり酢にもして晩酌の肴にしていたそうな。

この昔話を聴く

ヒバリとウズラとヨシキリ(ひばりとうずらとよしきり)

ヒバリとウズラとヨシキリ(ひばりとうずらとよしきり)

むかしむかし、ヒバリとウズラとヨシキリは、仲良く一緒に暮らしていたそうな。ある日、ウズラに用ができて町へ出掛けることになったと。ウズラは履き物が無かったので、ヒバリの草履を借りようと思った。

この昔話を聴く

娘の骸骨(むすめのがいこつ)

娘の骸骨(むすめのがいこつ)

むかし、あるところに、手間賃(てまちん)を取ってその日暮(ひぐ)らしをしている爺(じい)があったと。今日は四月八日お釈迦(しゃか)さまの誕生日(たん…

この昔話を聴く

現在854話掲載中!