※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たぬきのひのようじん
『たぬきの火の用心』

― 神奈川県 ―
再話 萩坂 昇
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし。武蔵国(むさしのくに)のある村に、いたずらなタヌキがこっそりすんでたと。
たぬきの火の用心挿絵:かわさき えり

 いたずらでな、嫁どりの土産(みやげ)をもって千鳥足(ちどりあし)で帰っていく三平どんを見つけると、ドロンと、きれいな娘(あね)さまに化けて、
 「まあ、三平さんじゃないの。今夜はお目出度(めでた)があったのね」
と、しゃなり、しゃなりと寄りそってきて土産をとっちゃうんだと。
 村では、タヌキをつかまえようと、あちこちさがしたが見つけられなかった。

 タヌキの棲(す)んでいる所を知っているのは、寺の和尚(おしょう)さんだが、和尚さんは、タヌキをかわいがっていたので教えてくれなかった。
 タヌキも和尚さんになついて、ときどき寺へ来ては、和尚さんからありがたい仏さまの話を聞いていたんだと。

 ある風のつよく吹いた夜だったと。
 タヌキは、いつものようにありがたい話をきいて帰っていくと、焚火(たきび)の残り火がパーッと風にあおられて舞(ま)い上がり、火の粉(こ)は、三平どんの家の屋根にとびうつったと。
 「あっ!三平さんの家が燃(も)えちゃう」
 だけど、村人は、昼の野良仕事(のらしごと)で疲(つか)れて眠っていた。

 タヌキは、ありったけの声を喉(のど)の奥からふりしぼって、キャーン、キャーン、キャーンと、火の見の半鐘(はんしょう)そっくりな声をだして村じゅうをかけまわったのだと。
 村人は、その音を聞いて飛び出してきて、火を消してしまった。
 でもだれが半鐘をたたいたのかは、知らなかった。

 いつもの静かな朝がきた。
 三平どんは、大火事にならずにすんだことを喜(よろこ)び、お礼に寺へ行くと、山門(さんもん)のところでタヌキが血を吐(は)いて息絶(いきた)えていたと。
 「その半鐘はタヌキじゃよ」
 和尚さんにいわれて、三平どんや村の衆は、泣いた。
 そして、タヌキを供養(くよう)して、小さな祠(ほこら)を作ってやって祀(まつ)ったんだと。
 
たぬきの火の用心挿絵:かわさき えり

 するとな、風の強く吹く夜には、その祠からキャーン、キャーンと、半鐘に似た音が聞こえてきたんだと。
 村の人は、
 「ほれ、タヌキが火の用心と言うておるがな」
と、もう一度、火のまわりをみいいったんだと。
 
 おしまい。
 

こんなおはなしも読んでみませんか?

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

むかし、あるところに病気でふせっている娘がおったと。娘の病気は日に日に重くなって、いよいよ今日死ぬか、明日死ぬかという日のこと、真夜中になって一人の…

この昔話を聴く

金の斧 銀の斧(きんのおの ぎんのおの)

金の斧 銀の斧(きんのおの ぎんのおの)

むかし、あるところに、正直な木樵(きこり)がおって、毎日、山の中で木を伐(き)って暮らしておったそうな。ある日、池の側の森で木を伐っていたら・・・

この昔話を聴く

鬼打木の由来(おにうちぎのゆらい)

鬼打木の由来(おにうちぎのゆらい)

むかし、あるところに爺さんと娘とが暮らしていた。あるとき娘が畑仕事をしていると、そこへ鬼がやってきて、娘をさらって行ってしまった。爺さんは、くる日も…

この昔話を聴く

現在715話掲載中!