※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とめやんとしばてん
『留やんとしばてん』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 市原 麟一郎
提供 フジパン株式会社

 大正の頃、土佐の羽根村(はねむら)に留(とめ)やんという大工がおった。
 あるとき、嫁にやった娘に子供が出来そうな、いうき、朝まだ暗いうちに隣り村へ出かけたと。
 すると、途中(とちゅう)で、
 「オンチャン、オンチャン」
と、誰やら呼ぶ声がする。ふり向くと、二メ―トルぐらい先に、小坊主がニコニコ笑いながら立っておる。留やんは、
 「おんしゃあ、なんの用なら」
 いうと、小坊主が、
 「オンチャン、すもうとろよ」
 いう。留やんはバカにするなと、舌打ちしょったが、
 「オンチャン、とろう。すもうとろうよ」
と、あんまりしつこうに言うき、とうとう相手になってとり始めたそうな。 

 留やんとしばてん挿絵:かわさき えり
 「ヨイショ、ヨイショ」
 「ほりゃ、ほりゃ、こりゃどうじゃ」
 留やんは、力いっぱい小坊主を投げつけた。
 けんど、なんぼ投げられても小坊主は平気の平左。留やんはカッカして、力いっぱい小坊主をねじつけて、泥の中へ押しつけ、
 「どうじゃ、参ったか」
 いうと、うしろの方から、
 「オンチャン、ここぜよ」
 いう声がするき、ふりむくと、また小坊主が涼しい顔でニコニコ笑いよる。 

 もう今度こそハラワタが煮えくりかえりそうになって、今しも飛びかかって行こうとすると、
 「こらこら、おまん、そこでいったい何をしゅうぜよ」
 こういうて、寄って来るもんがあるそうな。
 「あしゃ、この小坊主をやっつけゆうけんど、どういても勝てなあよ」
 留やんが悔しそうにこういうと、その男のひとは、
 「おまん、自分をみてみいや、ひとりぜよ。誰っちゃ、おりゃせんに。そりゃ石ぜよ」
 いわれて留やんは、ハッと気がついたと。
 ようよう見てみると、ひとりでタンボの中を転びまわったり、石をけとばしたりして、泥まみれ、血まみれになっておったそうな。
 「チャ、あしゃ(俺)、今の今まで、確かに小坊主と相撲をとりよったに、しょう(正)不思議なことじゃよ」
 「おまん、そりゃ、しばてんに化かされちょったろう」 

 「まっこと、ありゃ、しばてんじゃったか」
と、留やんは恐れいったそうな。

 昔まっこう猿まっこう、
 猿のつべはぎんがりこ。

留やんとしばてん挿絵:かわさき えり

  

「留やんとしばてん」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

留やんとしばてん(とめやんとしばてん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

生まれかわった赤児(うまれかわったあかご)

生まれかわった赤児(うまれかわったあかご)

むかし、ありましたそうや。今の和歌山県紀の川市に、昔は那賀郡田中村というた所がありましてのう、そこに、赤尾長者(あかおちょうじゃ)と呼ばれる長者がありましたそうや。子供がないのを悲しんでおったが、ようやく赤ちゃんが生まれた。

この昔話を聴く

鯖売りと山ん婆(さばうりとやまんば)

鯖売りと山ん婆(さばうりとやまんば)

昔、あったてんがの。あるところに鯖売(さばう)りがいた。あるとき、鯖売りは魚籠(さかなかご)に鯖(さば)を入れて、山里(やまざと)へ売りに行ったと。

この昔話を聴く

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ)

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ)

むかし、あるところにネズミとイタチがおって、川原でばったり出合ったそうな。「ネズどん、ネズどん。ここの草むらをおこして、二人で粟(あわ)でも蒔こうや…

この昔話を聴く

現在785話掲載中!