※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とうふのびょうき
『豆腐の病気』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、大豆(だいず)と大根と牛蒡(ごぼう)と人参(にんじん)とジャガ芋(いも)は友達だったそうな。
挿絵:かわさき えり

 大豆が出世して豆腐(とうふ)になったと。豆腐になったはいいが、いっつも水の中にいるもんで風邪(かぜ)を引いたと。
 そしたら、大根が見舞(みま)いに行こうと思って牛蒡を誘った。
 「ゴボウどん、ゴボウどん、豆腐が風邪をひいて悪いそうだが、お見舞いに行かんかよ。」
 「わしは、いんま、畠(はたけ)から戻ったところじゃきに、このとおり真っ黒で土だらけじゃきに、おまん先にいっちょっとうぜ。わしは後から行くきに」
 「そうか」
 って。大根は近所の人参の所へ行ったと。
 「人参どん、人参どん、豆腐が悪ろうて寝(ね)よるそうなが、見舞いに行かんかよ」
 「わしは、いんま、親類(しんるい)の法事へいっちょって戻ったところだが、酒を呑(の)みすぎてへばりこんだきに、後から行くきに、まあ先にいっちょっとうぜ。」
 「そうか」
 って。大根はしばらく行ってジャガ芋の家へ寄ったど。 

 「ジャガ芋どん、ジャガ芋どん、豆腐が悪いっつうが、見舞いに行かんかよ」
 「わしは子沢山(こだくさん)で、この通り子にしがみつかれて何ともならんきに、まあ先にいっちょっとうぜ。」
 「そうか」
 って。
 大根は仕方なく、一人で豆腐の所へ見舞いに行ったと。

 豆腐は頭をしまだにくくって、寝ておったと。

挿絵:かわさき えり

 「豆腐どん、豆腐どん、病気だそうだが、どんなぐあいぜよ」
 「ああ、大根どんか。わざわざすまね。ヒックション。殻(から)を脱いだとたんに、どうにもこうにも……ヘッ、ヘッヘックショーン。この通りぐあいが悪くてどうもならん」
 ってみずっぱなをすすりあげて、ぷるん、ぷるん、ふるえるんだと。
 「早うマメ(元気)になれや、お医者さんはどう言うぞ」
と大根が聞くと、豆腐は、
 「医者は、風邪はなおっても、もとのマメ(豆)には、ようなおらん、いうた」
 こういうたと。

 むかしまっこう。 

 
 

「豆腐の病気」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

子供にせがまれて別の本でこのお話を読んだけどオチの意味がよくわからなくて、こちらを読んだら納得できました!わかりやすく書かれててとてもいいと思う。( 40代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

馬追鳥(うまおいどり)

馬追鳥(うまおいどり)

昔、あるところに七つと十ばかりになる兄弟がおったそうな。母親が死んで、まもなく継母(ままはは)が来たと。継母は性(しょう)のきつい人で、二人を山へ芝刈りにやったり、畑へ肥(こ)え桶(おけ)を運ばせたり、谷川へ水を何度も汲(く)みに行かせたり、朝から晩まで働かせたと。

この昔話を聴く

爺ちゃと蟹(じんちゃとかに)

爺ちゃと蟹(じんちゃとかに)

むがしがあったぞん。あるどこに一人の爺(じん)ちゃがいてあった。ある日、山へ行く途中、童子(わらし)達が蟹(かに)を捕っていじめているのを見て、可哀…

この昔話を聴く

猿の生き肝(さるのいきぎも)

猿の生き肝(さるのいきぎも)

むかし、竜宮浄土の乙姫さまが病気になられて、いっこうに治らないんだと。神様に見てもらったら、「猿の生き肝を食えばよくなる」と言われた。「ほうせば、だ…

この昔話を聴く

現在823話掲載中!