※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とうふのびょうき
『豆腐の病気』

― 高知県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、大豆(だいず)と大根と牛蒡(ごぼう)と人参(にんじん)とジャガ芋(いも)は友達だったそうな。
挿絵:かわさき えり

 大豆が出世して豆腐(とうふ)になったと。豆腐になったはいいが、いっつも水の中にいるもんで風邪(かぜ)を引いたと。
 そしたら、大根が見舞(みま)いに行こうと思って牛蒡を誘った。
 「ゴボウどん、ゴボウどん、豆腐が風邪をひいて悪いそうだが、お見舞いに行かんかよ。」
 「わしは、いんま、畠(はたけ)から戻ったところじゃきに、このとおり真っ黒で土だらけじゃきに、おまん先にいっちょっとうぜ。わしは後から行くきに」
 「そうか」
 って。大根は近所の人参の所へ行ったと。
 「人参どん、人参どん、豆腐が悪ろうて寝(ね)よるそうなが、見舞いに行かんかよ」
 「わしは、いんま、親類(しんるい)の法事へいっちょって戻ったところだが、酒を呑(の)みすぎてへばりこんだきに、後から行くきに、まあ先にいっちょっとうぜ。」
 「そうか」
 って。大根はしばらく行ってジャガ芋の家へ寄ったど。 

 「ジャガ芋どん、ジャガ芋どん、豆腐が悪いっつうが、見舞いに行かんかよ」
 「わしは子沢山(こだくさん)で、この通り子にしがみつかれて何ともならんきに、まあ先にいっちょっとうぜ。」
 「そうか」
 って。
 大根は仕方なく、一人で豆腐の所へ見舞いに行ったと。

 豆腐は頭をしまだにくくって、寝ておったと。

挿絵:かわさき えり

 「豆腐どん、豆腐どん、病気だそうだが、どんなぐあいぜよ」
 「ああ、大根どんか。わざわざすまね。ヒックション。殻(から)を脱いだとたんに、どうにもこうにも……ヘッ、ヘッヘックショーン。この通りぐあいが悪くてどうもならん」
 ってみずっぱなをすすりあげて、ぷるん、ぷるん、ふるえるんだと。
 「早うマメ(元気)になれや、お医者さんはどう言うぞ」
と大根が聞くと、豆腐は、
 「医者は、風邪はなおっても、もとのマメ(豆)には、ようなおらん、いうた」
 こういうたと。

 むかしまっこう。 

 
 

「豆腐の病気」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

豆腐の病気(とうふのびょうき)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

しのぶ地蔵(しのぶじぞう)

しのぶ地蔵(しのぶじぞう)

むかし、あるところに忍(しのぶ)と健(けん)の姉弟(きょうだい)がおった。姉の忍は八歳、弟の健は六歳であったと。二人の両親は、三年前の大水(おおみず…

この昔話を聴く

八日山(ようかやま)

八日山(ようかやま)

むかし、むかし、今の徳島県(とくしまけん)な、昔は阿波(あわ)の国(くに)というた。蜂須賀(はちすか)の殿(との)さんが治(おさ)めておったが、その…

この昔話を聴く

天人女房(てんにんにょうぼう)

天人女房(てんにんにょうぼう)

むかし、あるところに長兵衛という千刈百姓(せんかりひゃくしょう)がおったと。長兵衛は芥子(けし)を作るのが上手で、前の千刈畑はみんな芥子ばかりであっ…

この昔話を聴く

現在742話掲載中!