※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たぬきのはなむし
『狸の鼻むし』

― 高知県 ―
再話 市原 麟一郎
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 私は、土佐(とさ)の江川崎村(えかわさきそん)の江川本村(えかわほんむら)尋常(じんじょう)小学校というたった二学級しかない小(こ)んまい学校の校長として赴任(ふにん)しました。今の四万十市(しまんとし)土佐江川崎の本村小学校の元になる学校です。
 そのころそこの住宅(じゅうたく)は平屋(ひらや)でした。付近(ふきん)に人家もあり店屋もあるし、それほど寂(さみ)しいところじゃありませざった。

 あれは、昭和(しょうわ)のはじめころじゃったと思います。
 ある晩(ばん)、ひょっと目が覚(さ)めてみると、急に体を押(お)さえつけられて動けんようになりました。
 それだけじゃのうて、何者(なにもの)かが両手(りょうて)で私の両脇(りょうわき)を押さえて、ちょうどくすぐるような格好(かっこう)でした。
狸の鼻むし挿絵:かわさき えり

 そんなんで、重(おも)たいがよりこそばゆいが苦しゅうてたまらず、一生懸命(いっしょうけんめい)跳(は)ねのけちゃろう思うても、身体(からだ)はちっとも動けません。
 大声で叫(さけ)んでやろうと思うても、ちっとも声が出ません。
 とにかく、こそばゆうてたまらんし、身体はちっとも動けんし、声も出せられんしで、もうたまらん。死にそうになったとたんに、すっと身体が軽(かる)うなって、こそばゆいことも止(や)みました。
 私は、じきにとび起(お)きて、ゲンコツで布団(ふとん)をどやしつけました。何かがおるとは思いませざったけんど、腹立(はらた)ちまぎれですらぁ。
 そして、すぐに電灯(でんとう)を点(つ)けてみましたが、もちろん何のこともありませざった。
 それからは、来る晩も来る晩も、あの妙なもんが来りゃすまいかと恐怖(きょうふ)や不安でよう眠(ねむ)りませざった。

 そんでも日が経(た)つうちに、いつやら忘れかけちょりましたら、また来た、また来た。おんなじようにやられました。何とも苦しかったです。
 そのようなことが三遍(さんべん)か四遍(しへん)位あったろうと思います。
 そのことを近所の人に話したら、
 「先生、そりゃあ狸(たぬき)に鼻(はな)むされたがじゃないかのうし。そげなことん、あるもんよのうし」
と言うことでした。また、別の人が、
 「あそこは元(もと)お墓(はか)があったがで、それを上のお寺へ移(うつ)して、その跡(あと)へ家を建(た)てたがで、めっそうええ屋敷(やしき)じゃないけんのうし」
と言うて、まるで、化け物が出るは当たり前というような顔をしました。また、
 「前におった人がくそ狸を飼(か)いよったゆう評判(ひょうばん)もあったそのうし」
とも言いよりました。
 狸が鼻をむす程度ならよいですが、こそばゆうてたまらんを身動きも出来ず、じいっとしちょらんならんがは、まっこと言いようもない辛いもんでした。

 そして私の息子が大宮(おおみや)の郵便局(ゆうびんきょく)へ勤(つと)めよりますが、そこでも宿直(しゅくちょく)の晩に二階で寝よると、夜中に妙な音がしたり、胸(むね)を押しつけに来るそうです。他の職員(しょくいん)も段々(だんだん)そげな経験(けいけん)をしたそうです。
 現代科学(げんだいかがく)の立場から、そげなことは信じられんという人もあるけんど、どっちみち事実あることにはちがいありません。
 狸の仕業(しわざ)か夢か、夢なら何遍も同じ夢を見るはずはないし、不思議な現象もあるもんです。

「狸の鼻むし」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

狸の鼻むし(たぬきのはなむし)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

天人子(てんにんこ)

天人子(てんにんこ)

昔、岩手県の六角牛山のふもとの里に百姓をしている惣助という男があったと。里の附近には七つの池があり、その中のひとつに巫女石という石のある池があった。

この昔話を聴く

月見草の嫁(つきみそうのよめ)

月見草の嫁(つきみそうのよめ)

むかし、ある山の村にひとり者の若い馬子(まご)が暮らしておったそうな。馬子は、いつも朝早ように起きて山に行き、馬に喰わせる馬草(まぐさ)を刈る。草を…

この昔話を聴く

米問屋の御礼(こめどんやのおんれい)

米問屋の御礼(こめどんやのおんれい)

むかし、むかし。ある海辺に爺さんと婆さんと、息子と嫁とがひとつ家(いえ)で暮らしておったと。爺さんと息子は沖に出て魚を獲(と)り、婆さんと嫁は機(は…

この昔話を聴く

現在751話掲載中!