※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ねんぶつばあさん
『念仏婆さん』

― 高知県 ―
再話 市原 麟一郎
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある所にうんと念仏(ねんぶつ)が好(す)きなお婆(ばあ)さんがおったそうな。
 この念仏婆さんも、寄(よ)る年波(としなみ)には勝(か)てずに、とうとう死んでしもうたと。

 ところで婆さんは、あの世へ行く時に、日頃(ひごろ)の念仏を大風呂敷(おおふろしき)に山のように包(つつ)んで出かけたそうな。

念仏婆さん挿絵:かわさき えり


 そうして、地獄(じごく)、極楽(ごくらく)の別(わか)れ道にあるエンマ庁(ちょう)へさしかかった。そのときここにかかっておるジョウハリの鏡(かがみ)に生前(せいぜん)の行(おこな)いが全部うつるそうな。
 その亡者(もうじゃ)の善悪(ぜんあく)の行いを見て、エンマ大王(だいおう)が、これは地獄行き、これは極楽行き、というふうに裁(さば)いてふり分けるのだと。
 お婆さんは、日頃の念仏を山のように包んだ大風呂敷をそこへおろして、
 「エンマ大王さま、私はこのとおりでございますきに、どうぞ極楽へやってつかさいませ」
と、自慢(じまん)げにこう言うたそうな。


 ところが、エンマ大王はそれをジーッと見よって、
 「これなる婆ぁは地獄ゆきじゃ。そこにおる鬼(おに)ども、これなる者を地獄へつれていけ」
と、こう言いつけたので、婆さんはびっくりした。
 「私はこれほど念仏を唱(とな)えてきておるのに、そんな私がなんで地獄へ行かにゃあなりませんか」
と、不服(ふふく)たらしゅうにこう言うと、エンマ大王は、
 「ほんなら、わかるように試(ため)しちゃろ。おい、そこな鬼、大ウチワを持って来い」
 こう言うて、鬼に大きなウチワを持って来させたと。
 そうして、その大ウチワで婆さんが持って来た大風呂敷をあおると、その念仏はどこともなく舞(ま)いあがって消(き)えてしもうた。


 あとには、たった一枚(いちまい)だけ風呂敷の底(そこ)へ残(のこ)った念仏があった。エンマ大王はそれを指(さ)して、
 「婆、よう見てみよ。お前が心から唱(とな)えた念仏は、息の引きとりぎわがたったの一ぺんじゃった。あとの念仏はただの上(うわ)の空(そら)で唱えたよったき、見よ、みんなぁ泡(あわ)のように消えてしもうたんじゃ」
と、こう言うたそうな。
 ほんで人は、日頃の行いが大事(だいじ)じゃということじゃ。
 

念仏婆さん挿絵:かわさき えり
  昔まっこう猿(さる)まっこう、虻(あぶ)の小便(しょうべん)でプッと消えた。

高知県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

田根森根っこ(たねもりねっこ)

田根森根っこ(たねもりねっこ)

昔、昔。田根森の人達、薪(たきぎ)が少なくて、大した難儀(なんぎ)してだけど。ある冬の寒い日、この田根森さ、みすぼらしい一人の坊主、お貰(もら)いに…

この昔話を聴く

無言くらべ(むごんくらべ)

無言くらべ(むごんくらべ)

むかし、あるところにお爺さんとお婆さんがおった。あるとき、隣から餅を七つもらった。夜も更けて、天井にぶら下げたランプの下で、餅を盛った皿を真ん中に、お爺さんとお婆さんが向かい合って座っていた。

この昔話を聴く

現在702話掲載中!