※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

めでたいなまえ
『めでたい名前』

― 高知県 ―
再話 市原 麟一郎
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし、たいそう男の子が好きな夫婦がおったそうな。暇(ひま)さえあったら生まれてくる子供の名前を考えておったと。

 さて一人目の子供、これが男だったので、あんまり嬉(うれ)しゅう嬉しゅうて、つい、“うれしい”という名前をつけた。
 そうして二、三年たって、また男の子が生まれた。
 さっそく親戚(しんせき)をあつめて、喜(よろこ)べ喜べ、のドンチャン騒(さわ)ぎ。


 騒ぎがおわって家族だけになったら、頭のなかには、喜べ喜べというかけ声だけが残っていて、その子の名前を“よろこべ”としたと。
 願いどおりに男の子が生まれるものだから、
 「この次も男の子じゃろ」
と、今度はあらかじめ名前を決めることにして、いろいろ考えて百ちかい名前が出来たそうな。ところが、あんまり案(あん)がありすぎて、「これがええ」っちゅうのがないのだと。
 「困った」「困った」
ゆうとる内に、三番目の男の子が生まれたと。

めでたい名前挿絵:かわさき えり

 そしたら、あくる日、近所の人が、引越しのあいさつに来て、
 「今までどおり、たのしい暮らしをして下さい」
ゆうて帰って行った。


 夫婦は顔を見合せて、
 「そうじゃ、たのしい暮らしをするには、やっぱり“たのしい”という名前の子供も必要じゃ」
ゆうて、その子の名前を“たのしい”とつけたと。
 長男の“うれしい”
 次男の“よろこべ”
 三男の“たのしい”
 この三人の子供はなかなかの親孝行(こうこう)で、近所でも評判(ひょうばん)のよい兄弟に育ったそうな。

 ある日のこと。
 次男と三男が畑仕事に出掛(でか)けて、長男と父親が家でワラ仕事をしていたと。
 そしたら、父親が突然「ウーン」とうなってドタっと倒れると、そのまま死んでしもうたと。


 長男の“うれしい”は弟たちに知らせようと畑へ走っていって、大きな声で、
 「“よろこべ”、“たのしい”、親父(おやじ)が死んだぞ」
とゆうたら、向こうから、
 「“うれしい”、まっことかぁ」
と、ゆうて返してきたそうな。
めでたい名前挿絵:かわさき えり

 
 むかしまっこう さるまっこう
 さるのつべは ぎんがりこ。

「めでたい名前」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

めでたい名前(めでたいなまえ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

尻っ尾の釣り(しっぽのつり)

尻っ尾の釣り(しっぽのつり)

昔々あったと。あるとき、兎(うさぎ)が川の縁(へり)へ出てみたら、一匹の川獺(かわうそ)が川の中から魚を捕(と)って来て、うまそうに食うておった。そ…

この昔話を聴く

猿正宗(さるまさむね)

猿正宗(さるまさむね)

昔、九州(きゅうしゅう)のある大名家(だいみょうけ)の飛脚(ひきゃく)が二人、江戸屋敷(えどやしき)への大切な手紙を持って東海道(とうかいどう)を旅していたと。

この昔話を聴く

火焚き長者(ひたきちょうじゃ)

火焚き長者(ひたきちょうじゃ)

むかしむかし、あるところに貧乏な夫婦者(ふうふもん)がいたと。女房が、「明日(あした)はお正月さまござらっしゃるから、おらの作った笠(かさ)こば売っ…

この昔話を聴く

現在760話掲載中!