※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

めでたいなまえ
『めでたい名前』

― 高知県 ―
再話 市原 麟一郎
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし、たいそう男の子が好きな夫婦がおったそうな。暇(ひま)さえあったら生まれてくる子供の名前を考えておったと。

 さて一人目の子供、これが男だったので、あんまり嬉(うれ)しゅう嬉しゅうて、つい、“うれしい”という名前をつけた。
 そうして二、三年たって、また男の子が生まれた。
 さっそく親戚(しんせき)をあつめて、喜(よろこ)べ喜べ、のドンチャン騒(さわ)ぎ。


 騒ぎがおわって家族だけになったら、頭のなかには、喜べ喜べというかけ声だけが残っていて、その子の名前を“よろこべ”としたと。
 願いどおりに男の子が生まれるものだから、
 「この次も男の子じゃろ」
と、今度はあらかじめ名前を決めることにして、いろいろ考えて百ちかい名前が出来たそうな。ところが、あんまり案(あん)がありすぎて、「これがええ」っちゅうのがないのだと。
 「困った」「困った」
ゆうとる内に、三番目の男の子が生まれたと。

めでたい名前挿絵:かわさき えり

 そしたら、あくる日、近所の人が、引越しのあいさつに来て、
 「今までどおり、たのしい暮らしをして下さい」
ゆうて帰って行った。


 夫婦は顔を見合せて、
 「そうじゃ、たのしい暮らしをするには、やっぱり“たのしい”という名前の子供も必要じゃ」
ゆうて、その子の名前を“たのしい”とつけたと。
 長男の“うれしい”
 次男の“よろこべ”
 三男の“たのしい”
 この三人の子供はなかなかの親孝行(こうこう)で、近所でも評判(ひょうばん)のよい兄弟に育ったそうな。

 ある日のこと。
 次男と三男が畑仕事に出掛(でか)けて、長男と父親が家でワラ仕事をしていたと。
 そしたら、父親が突然「ウーン」とうなってドタっと倒れると、そのまま死んでしもうたと。


 長男の“うれしい”は弟たちに知らせようと畑へ走っていって、大きな声で、
 「“よろこべ”、“たのしい”、親父(おやじ)が死んだぞ」
とゆうたら、向こうから、
 「“うれしい”、まっことかぁ」
と、ゆうて返してきたそうな。
めでたい名前挿絵:かわさき えり

 
 むかしまっこう さるまっこう
 さるのつべは ぎんがりこ。

高知県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに)

むがし、あったけど。あるお爺(じい)さん、寒の明げる晩に、「豆も無(ね)えす、嬶(かか)もいねぇのだす、一人だも、どうもなんねえ、豆なの蒔がねぇ。火…

この昔話を聴く

海のひろさ(うみのひろさ)

海のひろさ(うみのひろさ)

むかし、あるところに、一日に千里(せんり)遠くへ飛べる鳥があったと。あるとき、この鳥が海辺の木に止まって、「海の岸づたいなら遠くへ飛んだことはあるけ…

この昔話を聴く

座敷わらし(ざしきわらし)

座敷わらし(ざしきわらし)

昔、あったけど。昔、ある村に親方衆(おやかたしゅう)の婆(ばば)がおったけど。ある日、婆は、間もなく昼になるので畑で働いている家の者へ昼飯届けるかな…

この昔話を聴く

現在715話掲載中!