※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

くじらむかし
『鯨むかし』

― 高知県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大昔。
 鯨(くじら)は山に棲(す)んでおったと。
 大きな体で動きまわるたびに木がバキバキ倒(たお)され、草がすりつぶされる。たくさん食(く)うので山の動物が減ってきた。
 このありさまにほとほと困った山の神様が、山の頂天(てっぺん)から海の神様に呼びかけたと。


 「おおい、海の神よう。わしんとこの鯨をそっちで預(あず)かってくれんかのう」
 「よかろう」
ということになって、鯨は海に引越(ひっこし)したと。
 
鯨むかし挿絵:かわさき えり

 海は広いし、魚はいるし、おもいっきり動いて、腹(はら)いっぱい魚を食って、鯨は大満足(だいまんぞく)だ。
 海の神様はそんな鯨を見ても、
 「わしんとこは広いから、山の神が心配したようなことにはならんじゃろ」
というて、のんきにしとった。

 ところが、月日(つきひ)が経(た)つうちに海の魚の数がずいぶん減(へ)ってきた。海の神様は、
 「このままだと、いつか魚がおらんようになりそうだ」
と、さすがに心配になりだした。

  さて、どうしたもんかと思案(しあん)のすえ、ある日、鯨に、
 「これ鯨よ、お前を山の神から預かってからというもの、魚の姿がめっぽう減った。お前が何でもかんでも食うからじゃ。これからは一尺(いっしゃく)以上の魚を食うたらいかんぞよ」
と、言いつけた。

 鯨が下がると、海の神様は小判鮫(こばんざめ)を呼び、
 「これ、小判鮫よ。お前は鯨が一尺以上の魚を食いはせんか、よく見張れ。もし、食うたら鯱(しゃち)に伝(つ)げよ」
といいつけた。
 海の神様は、次に鯱を呼び、
 「これ鯱よ、小判鮫がお前のところへきて、『鯨が一尺以上の魚を食うた』と報(し)らせたらお前が鯨をこらしめよ」
といいつけた。

 鯨は海の神様の言いつけじゃあしょうがない。一尺以上の魚が大きな口の中に入らないように、早速(さっそく)、歯を櫛(くし)のように作りかえたと。大きな魚は、この櫛歯(くしば)にひっかかって呑(の)みこまなくなったと。

 小判鮫は鯨の体につかまったまま見張れるように、吸盤(きゅうばん)をとりつけ、鯱は自分の何十倍もある鯨を殺(ころ)す為(ため)に鋭(するど)い歯に作り替(か)えたと。
 昔々にこんなことがあってから、今でも鯨は鯱を恐(おそ)れて大きな魚を呑み込まんようにしているんだそうな。
 
 むかしまっこう。

鯨むかし挿絵:かわさき えり

高知県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

正月神様(しょうがつかみさま)

正月神様(しょうがつかみさま)

むかし、あるところに爺さと婆さがおって正月神様がおかえりになる日に雨がドシャドシャ降ったと。爺さと婆さがお茶をのみながら、「この雨はやみそうにもない…

この昔話を聴く

赤飯と子供(あかまんまとこども)

赤飯と子供(あかまんまとこども)

むがし、隣り合った二軒の家あったども。一軒の家は金持ちで、もう一軒の方はとっても貧乏だったなや。そえで、仲悪りぐて、いっつも喧嘩ばかりしてえだけど。

この昔話を聴く

現在711話掲載中!