※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

てんめいのひ
『天命の火』

― 高知県 ―
再話 市原 麟一郎
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんと昔、あるところに何代も続いた大きな家があった。
 土佐では、古い家ほど火を大切にして、囲炉裏(いろり)には太い薪(たきぎ)をいれて火種が残るようにしよったから、家によっては何十年も火が続いておる家もあったそうな。

 ある日、この家の主人がおかしな夢を見た。

 
天命の火挿絵:かわさき えり
 
それは、しばてんのような、人間とも化け物ともわからんような小坊主(こぼうず)が二人で、

 「この家も、もう古うなったから、何月何日の晩(ばん)に、焼いてしまおう」

と、相談しておる夢だったと。


 あくる日から主人は、家族や奉公人(ほうこうにん)に、特別、火には気をつけるように言いつけ、自分も注意しておったと。
 いよいよ夢に見た、家を焼くという日がやってきた。

 主人は、この日は朝から家族や奉公人にいっさい火を使わせんと、自分は水ゴリをとって、羽織(はおり)はかまで囲炉裏の前に座っておったと。囲炉裏の、この火だけは絶やすことは出来ん。火種を消えないよう程度(ていど)に小さくして、見張(は)っておったと。


 朝も、昼も、何事もなく過ぎて、日が暮(く)れた。家の中は行燈(あんどん)の火もつけんと、真っ暗がりで、ただ、かすかに囲炉裏の火が見えるだけだ。

 夜も更(ふ)けて、もうちっとで日付が変わるという頃(ころ)、主人は、一日の緊張(きんちょう)の疲(つか)れと、やれ無事であったという気のゆるみとで、つい、うとうとぉっとしたげな。

 
天命の火挿絵:かわさき えり

 そのとき、天井から、つーと下がってきた一本のクモの糸に囲炉裏の火がつき、火はクモの糸をつたって天井を焼き、またたく間に家じゅうに広がった。


 家の者も、近所の人たちもかけつけて火を消そうとしたけど、主人は、

 「これだけ気をつけちょったに、家に火がつくちゅうことは、天命かもしれん。焼けにゃいかんもんが焼け残り、怪我(けが)人が出ては迷惑(めいわく)がかかる。時節の火にゃ勝てん」

 こう言うて、家具類は何ひとつ運び出さんと、さっぱり、きれいに焼いてしもうたそうな。
 
 むかしまっこう さるまっこう
 さるのつべは ぎんがりこ。

「天命の火」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

天命の火(てんめいのひ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

宝の下駄(たからのげた)

宝の下駄(たからのげた)

むかし、あるところに大層親孝行なひとりの息子がおった。あるとき、母親が病気で寝ているので薬を買うお金が必要になった。そこで権造(ごんぞう)という伯父…

この昔話を聴く

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ)

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ)

昔、河内(かわち)の国の寝屋川(ねやがわ)の里に、おしん婆さんという、それはそれは猫(ねこ)好きのお婆さんがおったと。はじめは二、三匹だった猫がたち…

この昔話を聴く

屁っぴり爺(へっぴりじい)

屁っぴり爺(へっぴりじい)

むがしあったぞん。あるところに善い爺ちゃと、婆ちゃといてあった。その隣にはひどく性骨の悪い爺と婆がいた。ある日、善い爺ちゃが山へ行って、ダンキダンキと柴を刈っていたら・・・

この昔話を聴く

現在786話掲載中!