※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ごへいのてっぽう
『五平の鉄砲』

― 高知県 ―
原話 武井 賢
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、土佐藩(はん)のお抱(かか)え鉄砲鍛冶(てっぽうかじ)に五平という人がおったそうな。
 五平の鉄砲は丈夫(じょうぶ)な作りと重量感で、今でもよう知られちょる。
 ところで北川村の島という所に、その五平の作った鉄砲を持った猟師(りょうし)が住んじょった。

 
五平の鉄砲挿絵:かわさき えり

 ある夜、その猟師は猟に出かけたが、獲物(えもの)にいき当たらんし、妙(みょう)に疲(つか)れて、見つけた炭焼小屋に入って休んじょると、急にあたりが明るうなり、糸を紡(つむ)ぎよる女の姿(すがた)が幻(まぼろし)のように現(あらわ)れたと。


 ようく見ると、その女は猟師の女房(にょうぼう)の顔と瓜(うり)二つよ。まだその上に、着物の柄(がら)までが家を出るときに見た女房のそれとそっくりじゃと。

 まさか女房がここまで来るはずがないと、不思議に思い、また妙に猟をする気が湧(わ)かんきに、おかしな晩よ、とひとり言をいうて猟をやめて家へ戻(もど)って来たと。


 家では女房がいつもどうり、糸を紡んで猟師の帰りを待ちよった。
 猟師はさっきの炭焼小屋のことがどうしてもげせんきに、
 「今夜、家をあけたかや」
いうて女房に聞くと、
 「どこっちゃあ、行きゃしません」
と、今度は女房がげせん顔で返事をする始末じゃった。


 あくる晩、猟師は昨夜の時刻(じこく)と思う頃合(ころあい)をみて、また炭焼小屋に入り、しばらく待ちよると、また夕べのとおりあたりが明るうなり夕べの女がまた糸を紡ぎよるような。
 
 猟師は何度かその女に鉄砲をかまえようと思うたが、女房は身重の体で、もし本当の女房を撃(う)ったら、二つの命をあやめる事にもなると思い返し、よう狙(ねら)わんずくじゃったと。


 そのあくる晩(ばん)、猟師は五平の鉄砲に隠(かく)し弾(だま)をこめ、女房に、
 「今夜は、どんなことがあっても家を出るな」
と、きつくいいつけて、三たび炭焼小屋へ入って待ちよると、間もなく例の女が現れ、糸を紡ぎよる。猟師はためらうことなく、狙いを定めるのと引き金をひくのと同時じゃった。
 腕(うで)はええし、鉄砲は申し分なし、
 「ウンギャー」
というすさまじい叫(さけ)びがおこり、黒い塊(かたまり)がのたうちまわって、小屋は地震(じしん)のようにゆすぶられたと。やがてその黒い塊は谷底むけて転がり落ちて行ったと。


 猟師はあれの正体を見きわめるのは夜が明けてからと思って、急いで家に戻ったところが、女房はいつもと変わらん。けろっとした顔で糸を紡ぎよる。
 猟師はホッとして、今までの不安と緊張(きんちょう)が一遍(いっぺん)にほぐれて、その場にヘナヘナとへたりこんだそうな。
 夜明けを待った猟師が、昨夜の黒い塊をさがして谷底や山の中を駆(か)けずりまわったが、とうとう見つからんかったと。

 
五平の鉄砲挿絵:かわさき えり
 
 けんどその後、何回猟に出ても、例の炭焼小屋でも異変は起こらず、かわりに猟師夫婦が飼(こ)うていた古猫がその頃から姿を消し、とうとう二人の前に姿を見せんずくじゃったそうな。
 
 むかしまっこう猿(さる)まっこう。

「五平の鉄砲」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

五平の鉄砲(ごへいのてっぽう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

紀州(きしゅう)、今の和歌山県西牟婁郡中辺路町(にしむろぐんなかへじまち)に伝わる話をしようかの。ガイラボシというのを知っているかな。ガイラボシとい…

この昔話を聴く

鬼の田植(おにのたうえ)

鬼の田植(おにのたうえ)

節分のとき、あなたの家では何と言って豆をまきますか?ふつうは、「福は内、鬼は外」って豆をまきますよね。それが「福は内、鬼も内」と、こう、まく家がある…

この昔話を聴く

母狐(ははぎつね)

母狐(ははぎつね)

昔、あるところに御殿医(ごてんい)がおったげな。御殿医ち言うんは、お城のお殿さんや奥方(おくがた)、ご家老(かろう)とかが病気になった時にかかる、身…

この昔話を聴く

現在742話掲載中!