※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

りこうとあほう
『利口と阿呆』

― 高知県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんと昔あったっつうわ。

 昔、あるところに、家が隣(とな)りあってあったと。一軒(けん)の家は夫婦喧嘩(ふうふげんか)が絶(た)えない家で、もう一軒は夫婦喧嘩の無い家だったと。
 あるとき、隣の夫が用あって訪(たず)ねたら、まぁた喧嘩をしとった。

 
利口と阿呆挿絵:かわさき えり

 「お前ら、また喧嘩か。お前ん家(ち)は利口者(りこうもん)揃(ぞろ)いだから、いっつも喧嘩になるんだな。俺(おれ)ん家は阿呆(あほう)揃いだから喧嘩がない」
 「なんだぁ、俺ん家が利口者揃いで喧嘩。お前ん家が阿呆揃いで喧嘩が無い。そりゃあ一体どういうことだ」


 「そりゃあこうだ。お前ん家は、なにか悪いことがあったら、俺じゃあない。私(わたし)じゃあないと、二人ともいい者になろうとする。それでいっつも喧嘩になるのだろうが。俺ん家なんぞ、何か悪いことがあったら、俺が阿呆だから、いや私が阿呆だからというて、二人とも悪者になろうとする。それで喧嘩にならんのよ。


 例えばじゃ、土間で茶瓶(びん)をひっくり返したら、ああしもうた。茶瓶をひっくり返したがすまん、すまんというて女房(にょうぼう)がいうわいな。そしたら俺は、そんなところへ茶瓶があるのを知っとって片(かた)づけておかなかった俺が悪い。まぁ、火傷(やけど)をせんかってよかった。よかった。ごめん、ごめん。こういうて二人であやまる。


 これがお前ん家だったら、二人ともいい者になりたがって、こんな所へ茶瓶を置いてどうするかぁ、というて怒(おこ)る。すると女房どんも、なぜ下を見て歩かんのよ、ちゅうじゃろが。それで喧嘩になるんだ」
 「あぁ、そうか。俺が悪い、私が悪いと言うて悪者になりさえすれば喧嘩はないのか。阿呆になればいいんじゃなぁ」
 「ほんとに、いいこと聞いたわ、今度から私が阿呆になればいいのね」
 女房がこういうたら夫は、
 「阿呆言わんか、俺が阿呆になるんじゃ」
 「何言ってんのよ、私の方が阿呆よ」
 「うるさい、俺の方がお前より阿呆じゃ」
と喧嘩になったと。

 
利口と阿呆挿絵:かわさき えり

 どっちの家が利口で、どっちの家が阿呆なんじゃろか。
 
 むかしまっこう。

「利口と阿呆」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動

子供と一緒にきいていましたが、目から鱗のお話で、本当に勉強になりました。( 40代 / 女性 )

楽しい

とても良いお話でした ありがとうございました 自粛中の家庭にぴったりですね

こんなおはなしも聴いてみませんか?

菖蒲湯の由来(しょうぶゆのゆらい)

菖蒲湯の由来(しょうぶゆのゆらい)

昔々、小さなお城があったと。そのお城に、それはそれは美しいお姫様があったと。夜更になると、毎晩、立派な若侍が遊びに来たと。お姫様のおつきの者は、どうも怪しいと、はかまの裾に針を刺しておいたと。すると若侍は、その針が刺さって血をたらしながら帰って行った。

この昔話を聴く

蜂の援助(はちのえんじょ)

蜂の援助(はちのえんじょ)

むかし、ある秋のいい日和(ひより)のこと、貧しいひとりの若者が、小銭を持って塩を買いに出かけたと。すると、その途中(とちゅう)で、子供たちが蜂(はち…

この昔話を聴く

鷹にさらわれた児(たかにさらわれたこ)

鷹にさらわれた児(たかにさらわれたこ)

昔、駿河(するが)の国、今の静岡県の安倍というところに、亭主(ていしゅ)に死なれた母親と二才の赤ん坊がおったそうな。母親は、毎日赤ん坊をおぶってはよそのお茶摘みを手伝って、やっと暮らしておったと。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!