※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ふくのかみがござった
『福の神がござった』

― 高知県 ―
再話 市原 麟一郎
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし、土佐(とさ)の安田の奥(おく)の中山に、貧乏(びんぼう)な男がおったそうな。
 なんぼ働いても暮(く)らしがようならんき、てっきり貧乏神に食いつかれちょると思いよった。
 ところが、その男の隣(となり)におんなじような貧乏な家があったが、不思議なことに、二、三年しよると急に暮らしがようなったと。


福の神がござった挿絵:かわさき えり
 
 ほんで男は、ひょっとしたら、貧乏神を追い出したかもしれんと思うて、隣の家へ行って、
 「おまん、どうやって貧乏神を追い出したぜよ。すまんが教えてくれんか」
いうて頼(たの)むと、隣のひとは、
 「かんたんなことじゃ、家の戸口にこう書いちょけ。“ござったりや、ござったりや 福の神がござった”と、こうじゃ。かんたんじゃろが」
と教えてくれたそうな。


 よろこんだ男は、さっそく習うたとおりに書いて、戸口へ貼(は)りつけておいたと。

 やがて、一年たち、二年たった。けんど暮らしは一向にようならん。あいかわらずの食うや食わずの貧乏暮らし。とうとう三年目に、しびれを切らして隣の家へ行ったと。
 「おまんに教えてもろうたとおりにやったけんど、一向に福の神は来ざったが」
 「そりゃ、おかしいのう。来ないかんはずじゃに。どれ、ひとつ書きつけを見せてみい」
 そこで、書いたものを持って、隣の人に見せたと。そしたら、
 「こりゃいかん。これじゃお前(ま)ん、来(こ)んはずよ。“ござった”の“こ”にボチがついちゃせんじゃりか」と、いうきに、よう見てみたら、なるほど、

 
福の神がござった挿絵:かわさき えり

 「こざったりや こざったりや 福の神がこざった」
と、書いてあったそうな。
 
 むかしまっこう さるまっこう
 さるのつべは ぎんがりこ。

「福の神がござった」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

その方法で、貧乏神おいはらえるの‼︎( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

産女から力をさずかった話(うぶめからちからをさずかったはなし)

産女から力をさずかった話(うぶめからちからをさずかったはなし)

むかし。山形のある村に、金蔵さんという、人は良いが、貧しい男がおったそうな。正月の十五日の晩のこと、一寝むりして目を覚すと、急に便所へ行きたくなった…

この昔話を聴く

火焚き長者(ひたきちょうじゃ)

火焚き長者(ひたきちょうじゃ)

むかしむかし、あるところに貧乏な夫婦者(ふうふもん)がいたと。女房が、「明日(あした)はお正月さまござらっしゃるから、おらの作った笠(かさ)こば売っ…

この昔話を聴く

医者三人の腕自慢(いしゃさんにんのうでじまん)

医者三人の腕自慢(いしゃさんにんのうでじまん)

昔あったと。あるところに医者になりたい男が三人おったと。「俺は、おっ母さんが眼病(めやみ)なのに、毎晩針仕事をしてつらそうだから、眼医者になって治し…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!