※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

からすとにわとりとねこ
『烏と鶏と猫』

― 高知県 ―
記録 坂本 寿
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
出典 「土佐の民話」第74号
   土佐民話の会
提供 フジパン株式会社

 とんと昔、よく物忘れをする長吉(ちょうきち)という男がおったげな。

 ある日のこと、畠(はたけ)へ行こうと思うて、鍬(くわ)をさがしたがどこにもない。クワクワクワクワというて探していたら、東から烏(からす)がクワクワクワと啼(な)いて飛んでいった。

 
烏と鶏と猫挿絵:福本隆男

 長吉は、
 「ああ、そうそう、昨日、東の畠へ行っちょったけに、東の畠へ忘れて来ちょる」
と思い出して鶏小屋(にわとりごや)へ行った。そして、


 「こりゃ鶏、おんしゃあ、毎日餌(えさ)をやるよるのに、ひとつも役に立たん。あの空、飛ぶ烏を見よ。ただの一度も餌をやったことが無いに、おれが鍬をさがしよりゃ、ある所をちゃんと言うてくれる。おんしゃ、なんちゃ役に立たん」
というた。そしたら、おんどりが、
 「トッテコーカー」
という。

 
烏と鶏と猫挿絵:福本隆男

 庭の口におった猫が、それを聞いて、
 「インニャア」
と言うたげな。
 
 むかしまっこう 猿まっこう。
 

「烏と鶏と猫」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

烏と鶏と猫(からすとにわとりとねこ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

ほらくらべ

ほらくらべ

昔、江戸のほら吹きが越後(えちご)のてんぽこきのところへ、ほらくらべにやって来たそうな。ところが、その時はちょうど越後のてんぽこきが留守だったので、…

この昔話を聴く

猿蟹合戦(さるかにがっせん)

猿蟹合戦(さるかにがっせん)

むかしむかし、猿(さる)と蟹(かに)といてあったど。あるとき、猿が蟹さ、「蟹、蟹、二人して餅(もち)コ搗(つ)がねがぁ」いっだど。そしたら、蟹も搗く…

この昔話を聴く

鶴と亀(つるとかめ)

鶴と亀(つるとかめ)

昔々の大昔。あるところに鶴と亀とがあったと。鶴は大層べっぴんさんで、亀はドッシリとしていたと。あるとき、鶴と亀とが出会ったら、鶴は亀をとても頼もしそうに思えたと。

この昔話を聴く

現在800話掲載中!