※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ごすんくぎ
『五寸釘』

― 熊本県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 この話は女子(おなご)と子供には聞かせたくないのじゃが、ことのなりゆきで・・・ま、たまにゃ、いいかの。
 昔、あるところに一人息子がおった。十八、九になったが、口数は少のうて、温和(おとな)しいかぎり。父さんも母さんも、
 「一人息子で可愛がり過ぎたのかねぇ。嫁御(よめご)貰(もら)う気もおこらんようだし。困ったもんね」
 「うーん。ずうたいばかり大きくてもまんだ子供なのかなぁ」
といいあっていたと。
 ある朝、父さんが便所に行ったら、横の柱の、ちょうど腰ぐらいのところに五寸釘が一本打ち込んであったと。父さん、母さんに、
 「あの釘はなんだ」
と聞いたら、 

 挿絵:かわさき えり
 「あら、父さんが打ち込んだものとばかり思うとった。違うんですか」
 「わしゃ知らん。すんなら息子が打ち込んだんだな」
 「でも、何の為に打ったんでしょう」
 「つかまる為でもなさそうだ」
 父さん母さん、何に使うかその場で見届けてやろうと思うて待っていたが、息子は親のいるときは便所へ行こうとせん。
 それで息子に聞いてみたと。
 

 「息子や、便所の柱のな、五寸釘打ったのは、お前だろ。あの釘な、なんに使うか、母さんには教えとらんが、父さん、気がついている。なんちゅうだらしないことか。元気盛(ざか)りのお前が、五寸釘に品物を乗せて小便するなんて、あまりにもなさけないぞ。父さんが若い頃は、そんな不調法(ぶちょうほう)はせんじゃったぞ」

挿絵:かわさき えり
 

 そしたら、息子は頭をかいて、
 「いや、その、違うんだ、父さん。その逆だ。俺のは、その・・・品物が毎朝あんまり勢いよう上を向いて、天井に小便かかるから、そのう、自分の手じゃ押し下げきれん。それであの釘の下に差し込み、押さえにしとる」
というた。そしたら父さん、
 「う、うーん、そうありたいもんじゃ」
と、こういうたと。

 そりばっかりのばくりゅうどん。 

「五寸釘」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

五寸釘(ごすんくぎ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

無言くらべ(むごんくらべ)

無言くらべ(むごんくらべ)

むかし、あるところにお爺さんとお婆さんがおった。あるとき、隣から餅を七つもらった。夜も更けて、天井にぶら下げたランプの下で、餅を盛った皿を真ん中に、お爺さんとお婆さんが向かい合って座っていた。

この昔話を聴く

蛙報恩(かえるほうおん)

蛙報恩(かえるほうおん)

昔、あるところに庄屋があった。庄屋には年頃の美しいひとり娘があったと。あるとき、庄屋の妻が畑へ出ていると、一匹の小んまい蛇がにょろにょろと出て来て、蛙を呑もうとした。

この昔話を聴く

天命の火(てんめいのひ)

天命の火(てんめいのひ)

 とんと昔、あるところに何代も続いた大きな家があった。  土佐では、古い家ほど火を大切にして、囲炉裏(いろり)には太い薪(たきぎ)をいれて火種が残るようにしよったから、家によっては何十年も火が続いておる家もあったそうな。

この昔話を聴く

現在760話掲載中!