※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かっこうどりのゆらい
『郭公鳥の由来』

― 熊本県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
資料 「昔話研究」第1巻 第4号 熊田太郎 三元社刊
提供 フジパン株式会社

 昔あったと。
 カッコという名前の子供があったと。
 実の母さんは早ように死んで、継母(ままはは)が来たそうな。

 
郭公鳥の由来挿絵:福本隆男

 父さんは、一人っ娘(こ)のカッコがふびんで、なにごとにつけカッコ、カッコと可愛がるもので、継母はカッコがだんだん憎(にく)くなった。


 ある日のこと、父さんが他所(よそ)へ行って、二、三日して戻って来たら、いつも父さんが帰ってくるとすっ飛んできて首にぶらさがるカッコがやってこん。
 「オーイ、カッコ、父さん、今戻ったぞう」
と家の奥に呼ばってみたが、やっぱりやって来ん。
 「家に居(お)らんのか」
と、がっかりして、継母に
 「カッコは何処(どこ)へ行ったか」
と言うたら、継母は、
 「今までその辺で遊んでいた」
と言うた。


 実は、継母はカッコが憎くてならんかったもんで、父さんの留守(るす)にカッコを殺して裏山(うらやま)に埋(う)めて、知らん顔をしとった。
 父さん、まあだ脚絆(きゃはん)を片足解いただけだったが、カッコが本当にどこかへ遊びに行っているのだと思うて、じきに陽が暮れるから捜(さが)しに行ったと。
 「カッコー、カッコー」
と呼びながら、あっち歩き、こっち走りして捜し回ったが、どこからもカッコは出て来ん。

 
郭公鳥の由来挿絵:福本隆男

 そのうち、必死になって、大声で、
 「カッコー、カッコー」
と呼ばって動いているうちに、父さんな、とうとう鳥になってしまったと。


 それが「カッコー」と啼(な)いている郭公鳥(かっこうどり)だと。
 郭公鳥の片足には脚絆履(は)いたような羽毛が生えているが、もう片足には生えておらん。それは、昔にこんなことがあったからなんだと。
 
 そりばっかり。
 

「郭公鳥の由来」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

首なし行列(くびなしぎょうれつ)

首なし行列(くびなしぎょうれつ)

むかし、越前(えちぜん)の国、今の福井県の福井のご城下(じょうか)を、ひとりの婆(ばあ)やが提灯(ちょうちん)を下(さ)げて、とぼとぼと歩いておった…

この昔話を聴く

雨の降る穴(あめのふるあな)

雨の降る穴(あめのふるあな)

 六月は梅雨(つゆ)の季節だが、昔からあんまり長雨が降ると嫌(きら)われるていうな。  昔、昔、あるところに親父(おやじ)と兄と弟があった。  兄と弟が、夜空を眺(なが)めていると、お星さまがいっぱい出ている。兄は弟に、  「あのお星さまな、あいつ、雨降(ふ)ってくる天の穴だ」というたと。

この昔話を聴く

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう)

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう)

むかし。あるところに雨蛙(あまがえる)の親子がおった。親蛙(おやがえる)は子蛙(こがえる)を大事に育てたが、子蛙はちっとも親蛙の言うことを聞かん。親…

この昔話を聴く

現在824話掲載中!