※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

りょうたのちえ
『良太の智恵』

― 宮城県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐々木 徳夫
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに良太(りょうた)というおもしろい子供がおったと。
 ある日えんがわで遊んでいた良太に、おとっつぁんが、
 「これ、良太。おてんとう様と江戸(えど)とどっちが近いと思う」
と聞いたそうな。そしたら良太は首を曲げて思案(しあん)してから、
 「おてんとう様の方がよっぽど近い。だっておてんとう様はここから見えるけど、江戸はさっぱり見えないもの」

良太の智恵挿絵:かわさき えり
 と言うた。おとっつぁんはすっかり感心(かんしん)してしまったと。

 それから何日かして、江戸からお客(きゃく)さんが来たそうな。おとっつぁんはお客さんにさっそく、良太の利口(りこう)なところを見せようと思って、
 「良太や、おてんとう様と江戸とどっちが近いと思う」
とまた聞いたんだと。そしたら良太は、お客さんとおとっつぁんの顔を見て、首を曲げて思案してから、
 「江戸の方がずっと近いよ」
と答えたと。
 すっかりあてがはずれてしまったおとっつぁんは、妙な顔をして、
 「どうして江戸の方が近いって言うのや。おめえ、この間はおてんとう様の方が近いって言ったでねぇか」
と言ったそうな。そしたら良太、
 「そんな事言ったって、おとっつぁん、江戸からはこうしてお客さんが見えるけど、おてんとう様からはまだ一ぺんも見えた事がないもの」
と、こう言うたと。

良太の智恵挿絵:かわさき えり
 こんでおしめい、ちゃんちゃん。

「良太の智恵」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

私は宮城出身なので宮城の話を気になって拝見させて頂きました。 良太がとっつぁんと話す会話の内容が行き違いになってるところがとても面白く、子供の私が言えませんが『子供は素直だな。』っと思いました。( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

五寸釘(ごすんくぎ)

五寸釘(ごすんくぎ)

この話は女子(おなご)と子供には聞かせたくないのじゃが、ことのなりゆきで・・・ま、たまにゃ、いいかの。昔、あるところに一人息子がおった。十八、九にな…

この昔話を聴く

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

むかし、むかし、あるお寺に和尚さまと施物を司る納所坊主さんと小坊主との三人がいたと。ここの和尚さまは餅が大好きで他所から貰っていつも己ひとりで食べるのだと。

この昔話を聴く

鬼と刀鍛冶(おにとかたなかじ)

鬼と刀鍛冶(おにとかたなかじ)

むかし、能登(のと)の国(くに)の海辺(うみべ)の村に、刀鍛冶(かたなかじ)が暮らしておったと。働(はたら)き者で、トテカ-ン、トテカ-ンという刀を…

この昔話を聴く

現在757話掲載中!