※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ひばりとうずらとよしきり
『ヒバリとウズラとヨシキリ』

― 宮城県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、ヒバリとウズラとヨシキリは、仲良(なかよ)く一緒(いっしょ)に暮(く)らしていたそうな。
 ある日、ウズラに用ができて町へ出掛(でか)けることになったと。
 ウズラは履(は)き物(もの)が無(な)かったので、ヒバリの草履(ぞうり)を借(か)りようと思った。


 「ヒバリさん、今日おれ町へ行かねばなんねくなったが、ちょっこら草履を貸(か)してくれんか」
 「この草履はおれの一張羅(いっちょうら)で、他(ほか)にかわりが無いから嫌(や)でがんす」
 「そんなこと言わんで、ちょこっとだから貸してくらっしぇ」
 「やんでがす」
 「ちょこっとだけ」
 ウズラはヒバリが嫌(や)だ嫌だと言うのを無理(むり)やり借りて、履いて町へ出掛けたと。


 その日はちょうど、市(いち)の立つ日で、町にはたぁくさんの人が出ておった。
 小っさいウズラは、何度も何度も踏(ふ)まれそうになったっと。右によけ、左によけ、ちょこまかちょこまかしているうちに、いつの間にか、ヒバリの大事な大事な草履が片一方(かたいっぽう)ぬげて、無(な)くなっておったと。
ヒバリとウズラとヨシキリ挿絵:近藤敏之


 「こりゃあおおごとだぁ、どうあっても見(め)っけなきゃあ」
 ウズラは、必死(ひっし)になって町のあちらこちらを探(さが)しまわった。が、どこへいったものやら、草履を見つけることができなかったと。

 おえおえ泣(な)きながら家に戻(もど)ったら、ヨシキリが走(はし)ってきて、
 「お前、どうして泣いているや」
て聞くから、泣きながら、
 「実は、町へ行ったらこれこれ、しかじかぁ……」
と、草履を無くした訳を話したと。
 「おれも探してやるから、ヒバリにおれもお詫(わ)びしてやるから。さ、さ、もう泣くな」
と言うて、一緒にヒバリにお詫びしたと。


 ヒバリはカンカンに怒(おこ)って、
 「それだから、おれ嫌んだって言ったんだ。おれの一張羅の草履なんだから、どうあっても探して持って来ねば、おれ堪忍(かんにん)しねえからな」
と言うた。

 ウズラとヨシキリは、それから毎日毎日、草履の片一方を探して歩いた。したけど、どんだけ探しても、どんだけ尋(たず)ね歩いても見つからなかったと。


 ウズラとヨシキリがヒバリに、
 「銭(ぜに)っこやるから」
と言うても、
 「かわりの草履を買(こ)うてやるから」
と言うても、ヒバリは『うん』と言わない。
 「何が何でも、あの草履返(け)えせ」
と、ウズラを叩(たた)いたり蹴(け)ったりするもんだから、ウズラとヨシキリは辛抱(しんぼう)しきれなくなって、隠(かく)れることにしたと。
 ウズラは草むらに隠れ住(す)み、ヨシキリは藪(やぶ)の中に隠れ住んだと。

 
 昔、こんなことがあったもんだから、今でもヒバリは空高く舞(ま)いあがって、ウズラとヨシキリを探しては、
 「まだ草履片一方見つからねえか、返せ返せ、ピーチク、パーチク」
と言うて、叫(おら)んでいるのだと。
 
ヒバリとウズラとヨシキリ挿絵:近藤敏之


 ヨシキリはヨシキリで、
 「ゲェジ、ゲェジ、カラゲェジ。草履片べら、なんだんべえ」
と、ウズラを勇気(ゆうき)づけてやっているんだと。

  えんつこ もんつこ さげえた。

「ヒバリとウズラとヨシキリ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

ヒバリとウズラとヨシキリ(ひばりとうずらとよしきり)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

屁ひり婆の話(へひりばあのはなし)

屁ひり婆の話(へひりばあのはなし)

昔、あるところにひとりの婆(ばあ)さんがあった。婆さんは、お年貢(ねんぐ)の頃に上納(じょうのう)する米の計量(はかり)をちょろまかすのがうまくて、役人は困りはてていたと。

この昔話を聴く

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

むかし、吉四六さんが裏の柿の下で薪割りをするためにマサカリを振り上げたら、枝の熟柿が頭に落ちてきたと。てっきりまさかりの刃が抜けて頭に落ちてきたと思うたもんじゃき、「うわぁ、大変じゃ。誰か来ちくりィ。ああ痛え、早う医者を呼んでくりい」と、大騒ぎだと。

この昔話を聴く

一咲き千人(ひとさきせんにん)

一咲き千人(ひとさきせんにん)

 むかし、むかし、あるところに、正直で働き者の若い衆(し)があった。  ある日、背負籠(しょいこ)を背負(しょ)って、畑への道を登っていったら、天狗岩(てんぐいわ)の下に、天狗の鼻(はな)みたいのが落ちてあった。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!