※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

わらびちょうじゃ
『蕨長者』

― 宮城県 ―
再話 佐々木 徳夫
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがす、むがす、あっどごに貧乏(びんぼう)だったげんども、正直で働(はたら)き者の百姓(ひゃくしょう)がいたど。

 八十八夜(はちじゅうはちや)様が来(く)っと、何がなくても餅(もち)を搗(つ)いて神さんさ上げて、豊作(ほうさく)を祈願(きがん)してたど。


 ところが、ある年のこと、不作(ふさく)で飯(めし)の米にもこと欠(か)くようで、八十八夜様がやって来ても、餅搗いて上げようもなかったんで、隣近所(となりきんじょ)さご無心(むしん)して、やっと餅を搗いて上げることができたど。

 その晩(ばん)げ、神さんが夢枕(ゆめまくら)さ立って、
 「これこれ、百姓、お前は何事も一所懸命(いっしょけんめい)だから、七つ蔵(くら)のうち一つの蔵を取らせるぞ」
て言うんで、はっと思って目を覚まして見たげんども、何もなかったど。

 
蕨長者挿絵:かわさき えり


 ところが次の日、ぼっこり殿(との)さんのお呼び出しを受けたど。
 「何のお咎(とが)めだべ」
と思って、おっかなびっくりお城さ行ってみたら、殿さんがお出になって、
 「これ百姓、ここに七つの蔵がある。第一の蔵には米、第二の蔵には金(きん)、第三の蔵には藁(わら)、第四の蔵には刀、残りの蔵も金目(かねめ)の物が入ってるが、どれなり一つの蔵を選ぶがよい」
て言ったど。

 百姓はゆんべな(昨晩)の夢を思い出して、
 「おらぁ、百姓でがす。百姓には藁が一番でがす。藁を戴(いただ)きす」
て言ったど。
 ほうして藁を戴くことにして家(え)さ帰(け)ったど。


 その晩げ、百姓がぐっすり寝込んでたら、神さんがまた夢枕さ立って、
 「これ、百姓。向こうに見える山の蔭(かげ)に禿(は)げ山がある。その山さ行って、殿さんから貰(もら)った藁を燃(も)やすがよい」
て言って、パッと消えたど。
 次の日、百姓はお城から禿げ山まで藁を運んで、拝(おが)みながら藁を燃やしたど。

 それからまた一年たって、八十八夜様がやってきたど。
 百姓はいつものように餅を搗いて神さんさ上げたど。
 次の日、百姓が禿げ山さ行って見たら、山一面に蕨(わらび)がおがってたど。

蕨長者挿絵:かわさき えり
 

 金や米だと、使ったり食ったりすっと無くなるげんども、蕨は毎年おがってくるんで、その蕨を売って、大金持ちになったどしゃ。
 こんで めでたし めでたし。

「蕨長者」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

この話は、「宮城のむかし話」(日本標準)の最初に出てくるお話ですが、話者は私の母の高橋ちさとです。子どもの時に母から直接聞いた時のことを思い出し、楽しく心が暖かくなりました。民話はいいですね。フジパンさんの企画に感謝します。 ( 60代 / 男性 )

楽しい

おもしろかった!百姓は欲がないいい人だと思った。( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

のぶすま

のぶすま

むかし、むかし。 ふたりの男が連れだって、茶臼(ちゃうす)山へ登ったそうな。 古い合戦(かっせん)のありさまを話し合いながら、あのあたり、このあたりと眺(なが)めていたが、せっかくここまで来たのだから、大茶臼(おおちゃうす)へも登ろうということになったと。

この昔話を聴く

比良の八荒(ひらのはっこう)

比良の八荒(ひらのはっこう)

三月も下旬になるちきまって、滋賀(しが)の琵琶湖(びわこ)のあたりでは、比良(ひら)の山(やま)から、ビュ―、ビュ―と風が吹き荒れる。この風を「比良…

この昔話を聴く

金塊と砥石(きんかいとといし)

金塊と砥石(きんかいとといし)

むかし、むかし。ある村に少しおめでたい息子がおったと。息子の家は、砥石(といし)を山から切り出して商(あきな)っていたと。息子は家の手伝いはおろか、…

この昔話を聴く

現在757話掲載中!