※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

いぬのめ
『犬の眼』

― 宮城県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある男が眼の病気になったそうな。痛くって痛くって、だんだん見えんようになった。
 それで、眼医者(めいしゃ)さ行って診(み)てもらったら、
 「これは、眼を抜(ぬ)いて、よおっく手入れをせなんだら持たない」
と、こう言われたんだと。
 

 
犬の眼挿絵:福本隆男
 
 医者様はさっそく眼を抜いて、よおっく手入れしてから日向(ひなた)に干(ほ)したそうな。
 ところが、あんまり干し過ぎて、縮(ちぢ)んで小さくなってしまった。
 「ありゃ、こりゃいけんわい」
と、医者様はその目を水にしばらくふやかしておいたんだと。

 
犬の眼挿絵:福本隆男

 そしたら、今度はふやけ過ぎて大きくなってしまった。
 「ありゃ、また失敗しょった」
 それで、ちょっぴり小さくしよ思って、またまた日向へ干したそうな。


 そしたら、犬が来て医者様が用たししているすきに、その眼を食ってしまった。
 「ありゃ、こりゃ困った」
 医者様じゃ仕方なく
<この犬の眼でも抜いて入れてやろ。なに、かまうもんか>
と、犬の眼を抜いてその男に入れてやったんだと。
 「どうじゃ、見えるか」
 「へぇ、おかげさんで足元がよおっく」
 男は喜んで帰って行ったと。


 ところが、それからというもの、その男は糞(ふん)を見るとむしょうに食いたくなる。困ってしまい、また眼医者に行って話しをしたそうな。
 <こりゃ、犬の眼のせいにちがいない>
と思った医者様は、
 「なにすぐなおる。わしは名医じゃからして理由(わけ)は分かっとる」
と安心させて、さっそく眼を抜いて、なにやら手入れしたんだと。
 ところが、そそっかしい医者様は裏(うら)がえしに眼を入れてしまわれた。

 
犬の眼挿絵:福本隆男

 そしたら、今度は身体の中がよおっく見えるようになったんだと。
 自分の身体の加減が分かるようになった男は、病気ひとつしなくなって、しまいにゃあ五臓六腑(ごぞうろっぷ)をあつかう評判の医者様になったそうな。
 
 どんびすかんこねぇけど。
 

「犬の眼」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

眼医者は結構すごいことをするなと思いました。 でも、男が何度も眼医者に行ってそのたびに眼をくり抜かれたのが怖かったです。

驚き

災い転じて福となす( 10歳未満 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

山におった鯨(やまにおったくじら)

山におった鯨(やまにおったくじら)

この紀州(きしゅう)の国(くに)じゃのう、昔から十一月の七日は、山の神さんのお祭りじゃゆうて、猟師(りょうし)も樵(きこり)も決して山には入らんもん…

この昔話を聴く

きつつきと雀(きつつきとすずめ)

きつつきと雀(きつつきとすずめ)

むかし、むかし。きつつきと雀は姉妹(しまい)だったそうな。あるとき、きつつきと雀は着物を織ろうとかせ糸を染めていたと。そしたらそこへ使いが来て、「親…

この昔話を聴く

泰作さんとお奉行さま(たいさくさんとおぶぎょうさま)

泰作さんとお奉行さま(たいさくさんとおぶぎょうさま)

とんとむかし。四国(しこく)の土佐(とさ)、今の高知県(こうちけん)の中村(なかむら)に、泰作(たいさく)さんというとんちもんが住んでおった。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!