※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ばかむこにうめとうぐいす
『バカ聟に梅と鶯』

― 宮崎県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにバカ聟(むこ)どんがあった。

 ある日、嫁(よめ)さんの実家(じっか)から、
 「こんど、ふすまが貼(は)れたから見に来るように」
という報(しら)せが届(とど)いた。
 それで、嫁さんがこっそり、ふすまの絵(え)を見に行ったと。

 
ふすまには梅(うめ)と鶯(うぐいす)の絵が画(か)いてあった。見届(みとど)けて戻(もど)った嫁さんは、バカ聟どんに、
 「あんた、実家のふすまには梅と鶯の絵が画かれています。向(む)こうへ行ったらお父っつぁんは、必(かなら)ず『どう思うかね』と聞くにきまっています。そしたらあんたは、『りっぱに貼れましたなあ。こりゃ梅に鶯じゃが。いや、めでたい』と、こうお答(こた)えなされ」
と、教(おし)えたと。


 バカ聟は嫁さんと一緒に嫁さんの実家を訪ねたと。
 そしたら、嫁さんのお父っつぁんが、
 「どう思うかね」
と聞いてきた。バカ聟は、
 「りっぱに貼れましたなあ。こりゃ梅に鶯じゃが。いや、めでたい」
というた。
 そしたら、嫁さんのお父っつぁんは、
 「ほほう、まわりがバカじゃ、バカじゃいうが、何と何と、ちいっともバカじゃねえわい」
と、聟どんをえらく誉(ほ)めたと。
 バカ聟どんは、嫁さんと一緒に沢山(たくさん)ごちそうになって帰ってきたと。

 
バカ聟に梅と鶯挿絵:かわさき えり


 それから幾日(いくにち)が経(た)って、嫁さんの実家からまた報せが届いた。お父っつぁんの具合(ぐあい)が急(きゅう)に悪くなったそうな。
 「そりゃ、見舞(みま)いに行かにゃあ」
ということになって、嫁さんとバカ聟どんはとるものもとりあえず、実家に行った。
 あんまり、あわただしく出掛(でか)けたもので、こんどは、嫁さんもさぐりをする間が無かった。

 実家に行ってみたら、親爺(おやじ)どんは、足をぶっとくはれらかして、うんうんうなっていた。
 バカ聟どん、それを見て、
 「いやあ、立派にはれましたなあ、こりゃ梅に鶯じゃが。いや、めでたい」
と、こういうたと。


 親爺どんが、あきれて、
 「やっぱりあいつはバカ聟じゃあ」
と、いうたと。熱がもっと出たと。

  こりぎりの話。
 
バカ聟に梅と鶯挿絵:かわさき えり

「バカ聟に梅と鶯」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

バカ聟に梅と鶯(ばかむこにうめとうぐいす)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

年越しの豆(としこしのまめ)

年越しの豆(としこしのまめ)

むかしむかしの大昔、あちこちの山やまに鬼(おに)がたくさん棲(す)んでおったと。その鬼どもが里に出て来ては、子供をとって喰ってしまうので、里の人たち…

この昔話を聴く

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱはいたずら好きで、よく夜になると馬小屋にしのびこみ、馬がへとへとになるまで乗りこなすそうな。馬が疲れてくると、その馬の尻尾(しっぽ)をしばって…

この昔話を聴く

蛇きのこ(へびきのこ)

蛇きのこ(へびきのこ)

 むかし、青森県の八甲田山(はっこうださん)の麓(ふもと)にひとりの男が住んであった。  男が山裾(すそ)の道を歩いていたときのこと。

この昔話を聴く

現在797話掲載中!