※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『ながし、みじかし』

― 宮崎県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに母と三人の娘(むすめ)とが住んでおったと。
 あるとき、隣(となり)からボタ餅(もち)をもろうた。
 ちょうどお昼どきだったので娘たちは早く食べたくてならない。めいめい皿を持ってチャブ台に集まった。

 
ながし、みじかし挿絵:かわさき えり
 「食べよ、食べよ」
 「早くー」
 「早くー、母さん」
 「なんだね、お前たちは」
 「だってぇ」
 「めったに食べられないもん」
 「ねぇー」
 「だぁめ、先に父さんにお供(そな)えしてから」


 母のうしろに娘たちが座(すわ)り、仏壇(ぶつだん)にボタ餅を供え、チンを鳴らして拝(おが)んだ。
 おさがりをしながら母は、いつまでも子供みたいな娘三人が、どれだけ智恵(ちえ)がついてきているか試してみたくなったと。


 「これから母さんがナゾナゾを出すからね、答えたひとからお皿に盛(も)ってやる」
 「えーっ」
 「えーじゃないの」
 チャブ台をかこんで、母と娘たちのナゾカケが始まった。
 「いい、いくよ。『ながし、みじかし、四角し、まるし』は、なぁんだ」
 娘三人は上を見たり下を見たりして考えた。


 初めに手をあげたのは長女。
 「『ながし、みじかし、四角し、まるし』は、井戸の車つるべに月夜影(つきよかげ)」
 「あれぇ、きれいな答だねぇ。ナゾトキは?」
 「だって、井戸の車つるべは、縄(なわ)の両端(りょうはじ)に箱桶(おけ)がついているでしょ。それにまあるいお月様が映(うつ)るの。ながし、みじかしはつるべの縄。片(かた)方をあげたら縄が短くなるし、そしたらもう一方は下におりるから、縄が長くなるもん」
 「はい、よく出来たねぇ」
 母は、長女の皿にボタ餅を盛った。


 「お姉ちゃん、いいなぁ」
 「うらやんでないで、考えなさい」
 「出来たぁ」
 次女が手をあげた。
 「『ながし、みじかし、四角し、まるし』は、刀の大小、鍔(つば)の四つ紋(もん)」
 「どうして」
 「だって、長い刀と短い刀でしょ。鍔はまるいでしょ。鍔の四つの紋は四角いもん」
 「見たままだけど、まぁいいわ」
 次女もボタ餅を皿に盛ってもらって、ニコニコした。


 末の娘は、姉二人の皿のボタ餅をにらみつけて、ベソかきを懸命(けんめい)にこらえている。姉たちが、
 「早く、こたえなよ」
と、せかしたら、末娘は、
 「なんにも思いつかんもん」
と、今にも泣きだしそうだと。
 「なんでもいいから、まるいのと四角いのとを、何か、思い浮(う)かべればいいの」
 「そうだよ、ほら、これはなに」
 「お盆(ぼん)」
 「丸盆でしょ。これ持ってゆうべどこかへ行ったでしょう。そのとき何踏(ふ)みっこした」
 「ゆうべぇ、うーん、うーん、あ、わかったぁ。『ながし、みじかし、四角し、まるし』は、えーと、えーと、あのね、丸盆持って、豆腐(とうふ)買い、姉ちゃんと私の影」

 
ながし、みじかし挿絵:かわさき えり

 姉二人はホッとし、母はニコニコして末娘の皿にもボタ餅を盛ってやったと。
 
 こりぎりの話。

「ながし、みじかし」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

この女の子達頭良すぎ! 私全然分かんなかった! 表しかた神回!( 10代 / 女性 )

楽しい

ぼた餅美味しそう 結果オーライ!( 10歳未満 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

捨て子の報い(すてごのむくい)

捨て子の報い(すてごのむくい)

 むかし、堀内(ほりうち)の甚六(じんろく)という人がいてあったど。  貧乏(びんぼう)で、着る物てば、夫婦にひとつしか無かったすと。

この昔話を聴く

天人女房(絵姿女房型)(てんにんにょうぼう)

天人女房(絵姿女房型)(てんにんにょうぼう)

昔(むかし)、あったずもな(あったとさ)。あるどこに、若(わぎ)ぁ兄(あに)いであったどセェ。良ぐ稼(かせ)ぐ人の良(え)ぇ兄で、山さ行(え)って、…

この昔話を聴く

河童徳利(かっぱどっくり)

河童徳利(かっぱどっくり)

むかしむかし、相模の国(さがみのくに)、今の神奈川県(かながわけん)茅ケ崎市(ちがさきし)の西久保(にしくぼ)というところに、五郎兵衛爺(ごろべえじ…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!