※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

つき、ひ、かみなりのたびだち
『月・日・雷の旅立ち』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、大むかし。
 お日さまとお月さまと雷さまが、三人そろって旅に出かけた。
 ところが、雷さまは生まれつき気があらいもんだから、行くところ行くところであばれ回ってしょうがない。どこの町へ行っても、
 「雷さまがきたぞ―」
 「へそをかくせ―」
 「早くにげろ―」
と、みんなに、こわがられてしまう。
 お日さまとお月さまは、いいめいわくだった。雷さまといっしょだと、何もしないのにきらわれる。それで、お日さまとお月さまは、雷さまと旅をするのが、だんだんいやになってきた。

月・日・雷の旅立ち挿絵:かわさき えり
 ある町についたとき、「今夜は、ここに泊まろう」と、いうことになって、三人は、一けんの宿屋に泊まることにした。
 すると雷さまは、
 「どうれ、ひとあばれしてくるか」
というと、外に出て行って、ピカッと光ると町はずれの大きな木を、バリバリッ、メリメリッと、たおしてしまった。
 お日さまとお月さまは、宿で相談をした。
 「もう、雷さにはがまんできん。明日からは二人で旅をしょう」

 「そうしょう、そうしょう。あんなあばれ者はおいて行こう」
 次の日、お日さまとお月さまは、雷さまを置いて、朝早く宿を立って行った。
 雷さまは朝ねぼうなので、ぐっすりねこんでいる。
 雷さまがようやく目をさましたころには、あたりは、もうとっくに明るくなっていた。ねむい目をこすりながら部屋の中を見回すとお日さまとお月さまがいない。
 「きのうの夜は三人で寝たのに、わし一人しかいない。おかしいなあ、二人はどこへ行ったんだろう」
 雷さまは、宿の主人をよんだ。
 「お日さまとお月さまはどうした」
 「はい、お日さまもお月さまも、ずっと前にお立ちになりました」
 それを聞いた雷さま、
 「そうか、う―ん。月日の立つのは早いもんだ」
 宿の主人は、おそるおそるたずねた。
 「あなたさまは、いつお立ちになりますか」

 すると、雷さまは、すましてこう言うた。
 「おれは雷だから、夕立ちだ」

 それっきり。

月・日・雷の旅立ち挿絵:かわさき えり

「月・日・雷の旅立ち」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

なぜ月たちは話す❓( 10代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

藁の贈り物(目から火)(わらのおくりもの)

藁の贈り物(目から火)(わらのおくりもの)

むかし、あるところに大層けちな男がおったと。あるとき、村の外へ出掛けていて屁をこきたくなった。男は、「肥(こやし)の息だ、もったいねぇ」といって、紙…

この昔話を聴く

鮭の大介・小介(さけのおおすけ・こすけ)

鮭の大介・小介(さけのおおすけ・こすけ)

むかし、越後の国、今の新潟県の、ちょうど信濃川が海にそそぐあたりの町に大きな屋敷をかまえた長者があったと。ひろびろとした田んぼとたくさんの舟を持ち、…

この昔話を聴く

栃眼(とちまなぐ)

栃眼(とちまなぐ)

むかし、むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な正直男(しょうじきおとこ)があった。働き者で、働いて働いて働いたけど、いつまで経(た)っても、暮らし向…

この昔話を聴く

現在751話掲載中!