※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ずいとんぼう
『ずいとん坊』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに山寺があって、随頓(ずいとん)という和尚さんがおったそうな。
 その和尚さんのところへ、毎晩のように狸が通って来て、和尚さんが寝ようと思っていると、雨戸の外から大きな声で、
 「ズイトンいるかぁ」
と呼ぶのだと。
 和尚さんは、はじめのうちは檀家の人でも訪ねて来たのかと思って、大急ぎで返事をしながら戸を開けてみたが、誰の姿も見当らない。
 それが、毎夜、毎夜のこととて、さすがに
 「さては、狸のやつめの仕業(しわざ)じゃな」
と気がついた。 

 挿絵:かわさき えり
 「ようし、こりゃ負けられん。仕返しをしてやろう」
と、考えて、ある晩、芋や大根のごちそうをたくさんこしらえ、お酒もちゃんと用意して待っていた。
 炬燵(こたつ)にはいって、お酒をチビチビ呑んでいると、やがていつもの時刻になって、裏山の笹やぶがゴソゴソ鳴った。
 「どうやら、来たらしいわい」
と、ほくそえんでいると、案のじょう、
 「ズイトン いるかぁ」
と、呼び声がした。 

 そこで、和尚さんが横手の窓からそぉっとのぞいてみると、狸は自分の太い尻尾で雨戸をズイとなで、こんどは腹鼓(はらづづみ)をトンと叩いては、
 「ズイトン いるかあ」
と、呼んでいるのだと。
 「こりゃおもしろい」
 和尚さんは、炬燵へもどって、
 「うん おるぞ」
と、狸に負けない大きな声で、返事をした。
 「ズイトン いるかぁ」
 「うん おるぞ」
と、こうして狸と和尚さんの問答合戦がはじまった。

 問答合戦は夜通し続いたと。
 が、和尚さんは、酒とごちそうがあるので、元気いっぱい。大声で返事をし続けたと。 

 狸の方はっちゅうと、だんだん元気がなくなってきて、声もほそくなって、
 「ズイ・・・トン・・・いる・・・かぁ」
 「うん おるぞ」
 「ズイ・・・ト・・・ン・・・」
と、声も途切れがちで、しまいには、ウンともスンとも言わなくなってしまったと。

 「そうれ、狸のやつを、とうとう負かしたぞ」
と、喜んでいるうちに、和尚さん、酒の酔がまわって、ウトウトしはじめ、いつの間にかグ―グ―眠ってしまったと。 

 あくる朝になって、和尚さんが目をさまして雨戸を開けてみると、縁側には、おおきな狸が腹の皮を叩き破って、死んでおったそうな。

 そればっかり。

挿絵:かわさき えり

「ずいとん坊」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

ずいとん坊(ずいとんぼう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

山の一軒家(やまのいっけんや)

山の一軒家(やまのいっけんや)

むかし、あるところに炭焼きの若い衆(し)が二人で、春炭(はるすみ)を焼きに山へ行ったと。ところが、どこでどう道を迷うたのか、行けども行けども炭焼かま…

この昔話を聴く

宝化物(たからばけもの)

宝化物(たからばけもの)

昔、あるところに、人の住まない荒(あ)れた屋敷(やしき)があったそうな。何でも昔は、分限者(ぶげんしゃ)が住んでいたそうだが、どうしたわけか、一家みな次々に死に絶(た)えてしもうて、そののちは、だあれも住む人もなく、屋敷と仏壇(ぶつだん)だけが荒れるがままの恐(おそ)ろしげになっておった。

この昔話を聴く

福の神(ふくのかみ)

福の神(ふくのかみ)

 むかし、あるところに長者があったと。  来客がひきもきらず家業は盛んであったが、働くばかりで、ひと息つく暇もない。  ある日のこと、長者は八卦易者を訪ねて、  「わたしの家には朝から晩まで来客が多くて困っております。お客の来なくなる方法はないものでしょうか」 ときいた。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!