※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

せんにんのごうち
『仙人の碁打ち』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、長野県の菅平(すがだいら)のふもとの仙仁(せに)という集落に、太平さんという樵(きこり)が住んでいたと。
 ある日、山で木を切っていると、ぼやの中に荷股(にまた)にちょうどいい木があったので、一本ひきぬいたと。それを杖にして、さあ帰ろうと、すたすた山を下って来た。
 ふとみると、目の前をいつあらわれたのかひとりのお爺(じい)さんが歩いて行く。
 長い杖をつき、真白な髪と長いひげ、着ているものは何やらゆったりしたもので、ただの人とは思われん。
 「はて、どこの人だらず」
とついて行くと、仙人岩のあたりでフッと姿を消した。 

 挿絵:かわさき えり
 仙人岩は中が洞穴(ほらあな)になっていて、仙人が棲んでいるといわれていた。
 「ははぁ、ありゃ、仙人かもしれぬ」
 太平さんは、ひとりうなずいて、岩をそろそろまわった。で、洞穴の中をのぞいてみるとこりゃどうじゃ、今しがた目の前を歩いていた老人と洞穴の主人らしい老人が碁(ご)をうちはじめるところだった。 

 どちらも品のよい姿で、のんびりと石を置いていく。静かな山の空気の中に、ぱちりぱちり、という音が澄(す)んで響(ひび)いた。
 太平さんもまた碁好きだった。碁盤の上に石の数がふえていくにつれて、すっかり夢中になったと。
 「あそこの石はこうしたらいいに」
と思ったり、
 「さすが仙人の碁は、おらたちとちがう」
と感心したり、すっかり時の経つのを忘れたと。どのくらい経った頃かしらんが、そのうち、はっと我にかえった。
 「こりゃいかん、もう家に帰らねば」
と、ついていた杖を取りなおそうとしたとたん、太平さんは、よろよろっとよろめいて倒れた。
 先程(さきほど)ひきぬいて来たばかりの若木の杖が、すっかり朽(く)ちていたと。

 太平さんもいつの間にかすっかり年をとって、白髪頭(しらがあたま)のお爺(じい)さんになっておったと。 

 ようよう起きあがって仙人岩をのぞくと、そこにはもう仙人たちの姿はなく、静かな夕暮れの風があたりに吹きわたっていたと。

 それっきり。

挿絵:かわさき えり

 
 

「仙人の碁打ち」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

仙人の碁打ち(せんにんのごうち)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

出世息子(しゅっせむすこ)

出世息子(しゅっせむすこ)

昔、あるところに夫婦者がおいやって、二人の間に男の子が出きんしゃった。その子は七ツ八ツになって使い事をよくするようになったが、親の言うことにそむいたことの無い子で、それが世間にも評判になった。

この昔話を聴く

福を授けた貧乏神(ふくをさずけたぶんぼうがみ)

福を授けた貧乏神(ふくをさずけたぶんぼうがみ)

むかし、あるところに男が住んでおった。その男は、よっぽど貧乏神(びんぼうがみ)に見込(みこ)まれているとみえて、どうにもならないほど困っておったと。

この昔話を聴く

若返りの水(わかがえりのみず)

若返りの水(わかがえりのみず)

とんと昔あったげな。  じいさんとばあさんがおったげな。  ある日のこと、じいさんが言うことにゃ、  「ばば、今日は天気もいいで、ちょっくら山奥までマキを取りに行くから、にぎりめしを焼いて焼きめしこしゃえてくれ」  そしたら、ばあさんは焼きめしをひとつ作ってくれたと。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!