※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

おかいだんめぐり
『お階段めぐり』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしがあったと。
 ある時、地獄(じごく)のえんま大王さまが、
 「近頃バカにひまでしかたねぇが、いってぇどうなってんだや」
といって、家来(けらい)の鬼(おに)を一匹、この世に調べに来させたんだと。
 そしたら、信濃(しなの)の善光寺(ぜんこうじ)に極楽(ごくらく)へ通じる鍵(かぎ)があって、そいつにさわるとみんな善男善女(ぜんなんぜんにょ)になって、極楽へ行っちまう事がわかったと。 

 地獄へ戻った鬼からその話を聞いたえんま大王さま、くやしがるやら、おこるやら。
 「よっし!そんならおめえ、もいっぺん行ってな、その鍵(かぎ)を盗(と)って来い」
 「ヘヘエ」
ということになって、家来の鬼は、また、善光寺へやってきた。そしたら、前にもましてたいそうなにぎわいだ。
 「やあ、地獄行きの顔がいっぺえおるぞ。おっ、今、ひとを押しのけて鍵にさわったあいつ、ありゃあ釜(かま)ゆでだな。こいつから、ひい、ふう、みいときて、四(よ)ったりめ、うん、 こいつは何くわぬ顔をしとるが、本性(ほんしょう)が意地悪(いじわる)に出来とる。地獄へ来たなら針の山へ追いやって、痛みを分からせてやるのだが。」
 物かげに隠(かく)れて評定(ひょうてい)しているうちにあたりが暗くなり、やがて誰もいなくなった。 

 「ふん、あんなのがみいんな極楽行きとは、あきれたもんだ。こいつぁ、どうでもあの鍵を盗ってしまわにゃあ、不公平(ふこうへい)ってなもんだ」
 鬼が、抜き足(ぬきあし)差し足(さしあし)鍵に近づいて、さて盗ろうとしたが、鍵はびくともしない。押しても引いてもとれない。鬼の力をありったけ出して、「ウーン」とやってみたけど、やっぱり盗れないんだと。
 「こりゃだめだ。もういっぺん出直そう」
 帰ろうとしたら、今度は足がちょっとも動かない。
 「どうしたんかや」
と思っていると、あれよ、あれよという間に鬼も極楽へ行ってしまったんだと。 

 挿絵:かわさき えり

 地獄では待っても待ってもこの鬼が帰ってこないので、別の鬼をこの世へ来さしたと。
 そしたら、これも帰ってこない。次から次と別の鬼をこの世へ来さしたが、どれも帰って来ん。とうとう、えんま大王さまみずから、この世へやって来たと。善光寺へ行って鍵を盗ろうとしたら、やっぱり盗れん。
 「なんじゃ?」
といってる間に、何と、えんま大王さままで、極楽へいってしまったそうな。

 おしめえ。 

 挿絵:かわさき えり

 
 

長野県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

首の取り替え(くびのとりかえ)

首の取り替え(くびのとりかえ)

むかし、豊後(ぶんご)の国、今の大分県臼杵市野津町大字野津市というところに、吉四六(きっちょむ)さんという、とても面白い男がおった。

この昔話を聴く

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじさま)

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじさま)

むかし、あるところにひとりの爺さまが住んでおったと。爺さまは、面白い昔コ語っては、人を笑わせていたと。ところが爺さまも年も年とて、ある日、ころっと死んでしもうた。

この昔話を聴く

谷峠の猫又(たにとうげのねこまた)

谷峠の猫又(たにとうげのねこまた)

昔、あったそうじゃ。谷峠に人をとって食ってしまう、大変に恐い猫又が棲(す)んでいたと。強い侍(さむらい)が幾人(いくにん)も来て、弓矢を射かけるのだが、どれもチンチンはねて、当てることが出来なかった。

この昔話を聴く

現在719話掲載中!