※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

やまぶしときつね
『山伏とキツネ』

― 長野県 ―
語り 平辻 朝子
再話 大島 廣志
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし。
 あちこちの山を巡り歩いて修行(しゅぎょう)をするひとりの山伏(やまぶし)がおった。
 ある日、野原を通りかかると、道端(みちばた)で一匹のキツネが、気持ちよさそうに昼寝をしていた。山伏は面白半分に、ちょっとおどかしてやれと思うて、肩にかけとった大きなほら貝をとると、足音をしのばせ、キツネに近づいた。
 そして、キツネの耳にほら貝を当てて、思いっきり、
 「ブオーッ」
と吹いた。キツネはびっくりして、

山伏とキツネ挿絵:かわさき えり
 「キャン」
と叫んで跳びあがったひょうしに、そばの川へ、
 「ジャッブーン」
と、落ちてしもうた。
 山伏は、あんまりおかしいので、
 「あっはっはぁ、あっはっはぁ」
と、大笑いしたと。

 笑いながら野道を歩いていたら、今まで明るかった空が急に曇(くも)って、あれよあれよという間に、真っ暗になってしまった。
 山伏が、おかしなこともあるもんだと思いながらなおも歩いていると、向こうから、
 「チーン、ポクポク、ジャラーン」
 「チーン、ポクポク、ジャラーン」
と、鳴り物を鳴らしながら、葬式(そうしき)の行列がやってきた。驚いたことに、棺桶(かんおけ)をかついでいる者たちには、首が無い。
 山伏はおっかなくなって、そばにあった大きな木にワラワラとよじ登った。

 ところが、首の無い者たちは大きな木の下までやって来ると、棺桶をそこに置いて、みな、どこかへ行ってしもうた。
 山伏が木の枝につかまってふるえていると、そのうちに棺桶のふたが開き、中からネギのような細い白い手が、ニューッと出てきた。
 そして、髪の毛を長くたらした死人(しびと)がその木を登りはじめた。
 山伏はこわくなって、木の上へ上へと登っていった。すると、死人も山伏のあとについて登ってくる。山伏がもうこれ以上は登れんところまでいって下を見ると、やっぱり死人もあとをついてくる。

 山伏は切羽(せっぱ)詰まって、
 「ナム・アブラウンケン ソワカ」
と、呪文を唱えて、木のてっぺんから飛び降りた。
 「ザッブーン」
と、川に落ちたと。
 そのとたんに、真っ暗だった空が、カラーンと明るくなって、お日様は相変わらず空の真上で照っておった。
 山伏が川の中でアップ、アップしているのを、一匹のキツネが遠くで見ておったって。

 むかし、おしまい。

「山伏とキツネ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

山伏とキツネ(やまぶしときつね)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

熊に助けられた男(くまにたすけられたおとこ)

熊に助けられた男(くまにたすけられたおとこ)

むかし、むかし、あるところに薪伐り(たきぎきり)をして暮らしている男がおったと。ある冬に、薪(たきぎ)を伐(き)りに山へ行ったら、急に吹雪(ふぶ)い…

この昔話を聴く

紙すき毛すき(かみすきけすき)

紙すき毛すき(かみすきけすき)

むかし、むかし、周防・長門、今の山口県の農家では、楮(こうぞ)をつくって紙をすき、米のかわりに年貢(ねんぐ)として殿様へ納めていたそうな。冬の寒い山…

この昔話を聴く

牛と蛙(うしとかえる)

牛と蛙(うしとかえる)

 むかし、あるところに蛙(かえる)の親子が暮(く)らしておった。  ある日、子蛙が川っ端(ぱた)へ遊びに行ったら、一匹(いっぴき)の牛が草を食(は)んでいるのに行き逢(あ)った。

この昔話を聴く

現在751話掲載中!