※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

やまのねずみとまちのねずみ
『山のネズミと町のネズミ』

― 長野県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに山のネズミがあった。
 山のネズミの食べる物はどんぐり、栃(とち)の実、アワにヒエだったと。
 山に雪が降って、食べ物をさがすのが大変だったと。
 あるとき、食べ物を探して山のふもとへ下りてきたら、丸々と肥えたネズミに出逢った。
 「やぁや、お寒(さむ)うさん。この辺じゃ見かけたことが無いが、お前(め)、どこから来たや」
 「やぁや、お寒うさん。お前も見たことが無いがどこから来たや」
 「俺は、このうしろの山に棲(す)んでいる」
 「俺は、このうしろの町に棲んでいる」
 あいさつが済んで、二匹は仲良くなったと。 

 ある日、山のネズミの家を町のネズミが訪(たず)ねてきた。山のネズミは乏(とぼ)しい冬の貯え(たくわえ)のどんぐりと栃の実を御馳走(ごちそう)した。町のネズミはおいしい、おいしい言うて食べたと。一晩泊って、
 「いや、御馳走になった。今度は、俺ン家(ち)へ遊びに来ておくれ」
と言うて帰って行った。

挿絵:かわさき えり

 別の日、山のネズミは町のネズミの家を訪ねた。
 町のネズミの家は、立派な屋敷門のある家で、倉が幾つもあった。町のネズミは、白いご飯に魚をつけて出してくれた。山のネズミは、
 「こりゃすごい御馳走だ。お殿様みたいだ」
と言うて、喜んで食べたと。
 「おかわりして、何ぼでも食うておくれ。ここの家のお倉の中には米も味噌もぎっしり積まさってあるから」
 「いっつも、こんなうんまいもの食べられるなんて、町方はうらやましいなあ」
と言うていたら、ニャオーって声がした。
 「あれは何の声」
と、山のネズミが言うと、町のネズミが、
 「しーっ。黙って、動かないで」
と、顔をひきつらせて言う。また、
 「ニャーオー」
と、今度はさっきより近くで声がした。
 「何、どうしたの、何の声」
と、山のネズミが訊いた途端に、猫が飛び出てきて、町のネズミをくわえて、どこかへ行ってしまった。 

 挿絵:かわさき えり
 あっという間の出来事で、山のネズミはびっくりして山へ逃げ帰ったと。そして、
 「町のネズミは、米のご飯に魚を添(そ)えて食べとる。棲むところも温(ぬく)い。俺はそれでもこの山の中が一番いい。どんぐりでも、栃の実でもアワでもヒエでも、そんなの食べていても、
ここが一番いい」
と、こう言うたと。

 それっきり。 

「山のネズミと町のネズミ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

山のネズミと町のネズミ(やまのねずみとまちのねずみ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

女の子と鬼のお面(おんなのことおにのおめん)

女の子と鬼のお面(おんなのことおにのおめん)

とんとん昔があったげな。あるところに九つ(ここのつ)になる女の子とお婆(ばあ)さんと二人おったげな。その女の子のお父さんやお母さんは亡(な)くなって…

この昔話を聴く

能登の恋路は恋の路(のとのこいじはこいのみち)

能登の恋路は恋の路(のとのこいじはこいのみち)

むかし。能登(のと)の国、石川県の能登半島のある村に、鍋乃(なべの)という娘がいた。気立てがよいうえに美しい鍋乃は、村の若者のあこがれの的であった。

この昔話を聴く

茂二郎とんち話(しげじろうとんちばなし)

茂二郎とんち話(しげじろうとんちばなし)

 江差(えさし)の茂二郎(しげじろう)て人、あるとき、山さ行(え)たわけだ。  官林(かんりん)の山の木を盗伐(とうばつ)すると山役人にとがめられるども、わいろをつかまえさせると御免(ごめん)してもらうによいという評判(ひょうばん)であった。

この昔話を聴く

現在751話掲載中!