※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ゆきのさんたまりや
『雪のサンタマリヤ』

― 長崎県長崎市 ―
語り 井上 瑤
再話 末松 祐一
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、ルソンちゅう国の貧乏な大工の子で、丸屋(まるや)ちゅう娘のおったゲナたい。
 そん丸屋は、こまか時からほんとに利口か娘でナン。
 「どうしたら、人々の魂(たましい)ば救うこつの出来ゅうか」
と、いつも考えとったちゅうバイ。 

 あるとき、天の神さまのお告げば聞いてからちゅうもんな、
 「わたしゃぁ、嫁(よめ)に行かず、一生おぼこで通そう」
 ちゅうて、願(がん)ば立てたとゲナ。
 ところが、ある日のこと、丸屋の美しか姿が、ルソンの王様の目にとまってのう、
 「ぜひとも、俺が妃(きさき)になってくれんか」
と所望(しょもう)されたとバイ。ばってん、
 「わたしゃ大願(たいがん)ば立てた身じゃけん、せっかくですが、嫁にゃ行かれまっせん」
 ちゅうて、きっぱり断ったうえに、不思議(ふしぎ)ば見せたげなタイ。 

 挿絵:かわさき えり
 丸屋が天に向こうて静かに祈(いの)ると、不思議じゃなかナ。もう暑か六月というのに、天から雪のチラチラ降り出してのう、見とる間に五尺(ごしゃく)も積もってしもうたちゅうバイ。 

 これには王様はじめ、家来(けらい)でん、誰でん、そばにおった人たちゃァみんな肝(きも)ばつぶしてのう、気の抜けたごとなってしもうた。
 そこんところに、天から花車(だし)が降りて来てのう、丸屋は天に昇ってしもうたちゅうバイ。
 やっと雪が降りやんで、王様の正気づかれたときにゃ、丸屋の姿はもうどこにも見当たらんじゃったなゲナ。
 そんことがあってからちゅうもんな、王様は、丸屋のことばっかり思いつづけてのう、あげくの果て、とうとう焦がれ死んでしまわれたそうな。
 天に昇った丸屋は、天帝(てんてい)様から「雪のさんた丸屋」ちゅう名ばもろうて、もう一度、天から降りてこの世で暮らすことになったばってん、天帝様から、
 「お前のケガレのなか清かからだば、貸してくれろ」
と言われてのう。 

 二月中ごろのある日の日暮れどき、大天使様は蝶々の姿に身ばかえて、丸屋の口の中に飛びこまれたちゅうバイ。
 すると丸屋は、たちまち身持になったとタイ。
 それからんこつが、自然に親に知れてのう。
 丸屋は家を追い出されて、あっちこっち歩き廻った果てに、ベレン(ベツレヘム)の国に行き着いてのう。
 そこん、一軒の農家の牛小屋の中で、とうとう赤子ば産み落としたとタイ。
 牛小屋の牛や馬は、そん赤子ば寒さに凍(こご)えんごと、両方から息ば吐きかけて、ぬくめてやってのう。
 そこん農家の嫁ごは、織っといた機(はた)まで打ち折って、囲炉裏(いろり)にくべて、親切に丸屋ばもてなしたちゅうバイ。
 この赤子がキリスト様タイ。 

 挿絵:かわさき えり
 

「雪のサンタマリヤ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

聖母マリア伝説の変奏ですね。ルソンというからフィリピン経由で伝わってきたんでしょうか。途中にはギリシャ神話の影響を感じる部分もあったり、このお話の成立過程を想像すると楽しいです。( 男性 )

感動

とてもよかったです。( 30代 / 男性 )

楽しい

読書の勉強になった!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

五反田のおとめ地蔵(ごたんだのおとめじぞう)

五反田のおとめ地蔵(ごたんだのおとめじぞう)

むかし、神奈川県(かながわけん)の岡崎村(おかざきむら)大句(おおく)という所の地主(じぬし)のうちに、たみという下働き(したばたらき)の女ごがおっ…

この昔話を聴く

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

創立何十年もたつという古い学校には、必ず、一(ひと)つや二(ふた)つの、こわーい話が伝わっている。中でも多いのが、便所にまつわる怪談だ。今日は、一つ…

この昔話を聴く

大師講団子(たいしこうだんご)

大師講団子(たいしこうだんご)

むかし、あるところに一人の貧乏な婆さが暮らしておったと。ある冬の寒い晩に、婆さが囲炉裏端(いろりばた)で針仕事をしていたら、戸口をだれかが、ホトホト…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!