※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

おちんちんいっしょう
『オチンチン一升』

― 長崎県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに和尚さんがおったと。
 たいそうなけちん坊で、毎朝炊(た)く米も小僧さんにまかせないで、いちいち指図(さしず)していたと。
 お客さんがあるときは、指図している声が聞こえると外聞(がいぶん)が悪いというので、口でいいつける代わりに、指で合図(あいず)することに決めておいたと。
 指一本が一升(いっしょう)なんだと。
 けちぶりは、それだけでない。
 和尚さんは毎日、温かいご飯にうまいおかずで食事をするけども、小僧さんたちには、冷や飯に干し菜の汁ばかり食べさせていたと。
 小僧さんたちは、温かいご飯を腹いっぱい食べたいもんだと常々思っていたと。 

 挿絵:かわさき えり
 ある冬の寒い朝。
 和尚さんが厠(かわや)で大声で呼ぶので、大急ぎで行ってみると、厠が凍っていて、氷に足をとられてあおむけにひっくり返っていた。
 小僧さんはこれを見ると、すぐに台所に引き返して、大勢(おおぜい)で米をといで大釜(おおがま)でご飯を炊き始めたと。 

 しばらくして、和尚さんが腰をさすりながら台所へ来てみると、ご飯がたくさん炊きあがっとる。
 「お前たちは、いったい誰の言い付けで、こんなに飯を炊いたのか」
と怒鳴ったと。
 小僧たちはすまして、
 「和尚さんに呼ばれたので行ってみましたら、両手両足を広げちょらしたので、いつもの指図だと思ってその通りに炊きましたぁ」
と答えたと。
 和尚さんは、厠で転んどったのが恥ずかしくて、わざとむすっとして、
 「ど、どれだけ炊いたんじゃ」
 「はいぃ、二斗(にと)一升炊きましたぁ」
 「な、なんじゃぁ。そ、それにしてもだな、一升余計じゃあないか」
 「いえ和尚さまぁ、両手両足の指で二斗、それにオチンチンが出ておりましたので、それで一升」
 和尚さんは、どぎまぎして何ぁんも言えんかったと。
 小僧さんたちは、あつあつのご飯を腹いっぱい食べたと。 

 挿絵:かわさき えり
 和尚さんも、それからは小僧さんたちに冷や飯を食わせなくなったと。

 ころばっかるばんねんどん。 

「オチンチン一升」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

オチンチン一升(おちんちんいっしょう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

馬方と鬼婆(うまかたとおにばんば)

馬方と鬼婆(うまかたとおにばんば)

むかし、馬を引いて荷物を運ぶ、ひとりの馬方(うまかた)がおった。ある日、馬方は山を越えた村へ出かけて行った。塩と魚をたあんと馬に背おわせて、コットリコットリ、峠(とうげ)までくると日が暮れてしまった。するとうしろから・・・

この昔話を聴く

山におった鯨(やまにおったくじら)

山におった鯨(やまにおったくじら)

この紀州(きしゅう)の国(くに)じゃのう、昔から十一月の七日は、山の神さんのお祭りじゃゆうて、猟師(りょうし)も樵(きこり)も決して山には入らんもん…

この昔話を聴く

刀鍛冶秘法(かたなかじひほう)

刀鍛冶秘法(かたなかじひほう)

とんとむかし、ある刀鍛冶のところへ、兼光(かねみつ)という若い男が弟子(でし)いりしたそうな。兼光はまじめに働(はたら)いて、師匠からも気にいられ、何年かすると師匠の向こう鎚(づち)を打つまでに上達したと。

この昔話を聴く

現在757話掲載中!