※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ながいきくらべ
『長生きくらべ』

― 長崎県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに三匹の猿がおったと。
 三匹の猿は栗山へ栗拾いに出かけた。
 ところが、いくら探しても栗が見つからない。
 あっちこっち探して、ようやく、たったひとつ拾った。
 「俺(お)らが拾ったものだから、これは俺らのだ」
 「いや、俺らが先に見つけたから俺らのだ」
 「いやいや、俺が二人を栗拾いに誘(さそ)ったのだから、これは俺のだ」
 「俺らのだ」
 「俺らんだ」
 「俺のだぁ」
と、ひとつの栗をめぐって、たがいにゆずらないのだと。 

 挿絵:かわさき えり
 そのうち、
 「さて、これはやっかいなことになった。どげんしたらよか」
と言って、相談を始めたと。そして、一番先に生まれた者が食べることにしようと決まった。 

 まず一匹の猿は、
 「俺らは、近江(おうみ)の湖が、まだ茶碗の底ぐらいしか水がたまってない時に生まれた」
と言った。
 次の猿は、
 「俺らは、富士の山が、まだ帽子(ぼうし)くらいの高さの時に生まれた」
と言った。
 さて、残ったこいつは何と言うかと思って、三番目の猿を見ると、三番目の猿は急にシクシク泣き出した。
 「どぎゃんした」
 「びっくりしたばいな」
と先の二匹が言うと、
 「うん、俺はちょうどその頃、生まれた子猿を死なせてしもうた。長いこと忘れとったが、お前たちの言った言葉で思い出したですたい」
と言ったと。 

 挿絵:かわさき えり
 それで、この猿が一番先に生まれたということになって、栗の実を食べることになったと。

 こりぎりぞ。 

「長生きくらべ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

長生きくらべ(ながいきくらべ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

鍛冶屋の婆(かじやのばあ)

鍛冶屋の婆(かじやのばあ)

むかし、ある商人(あきんど)が山越(やまご)えしようとしているうちに、日が暮れてしまったと。山は何が出るか分からんので、大きな木の上に登って夜明けを…

この昔話を聴く

木仏長者(きぼとけちょうじゃ)

木仏長者(きぼとけちょうじゃ)

むかし。ある長者が、金(キン)で作った、それはそれはみごとな仏さまを持っていた。長者はいっつも、下男や下女に、「この世に二つとない金仏(カナボトケ)…

この昔話を聴く

烏と鷹(からすとたか)

烏と鷹(からすとたか)

むかしは染物(そめもの)をする店を普通(ふつう)は紺屋(こうや)と呼んだがの、このあたりでは紺屋(くや)と呼んどった。紺屋どんは遠い四国の徳(とく)島からくる藍玉(あいだま)で染物をするのですがの、そのやり方は、藍甕(がめ)に木綿(もめん)のかせ糸を漬(つ)けては引きあげ、キューとしぼってはバタバタとほぐしてやる。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!