※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

くびにかせをかけたみみず
『首にかせを掛けた蚯蚓』

― 長崎県長崎県壱岐郡 ―
出典 日本昔話大成1-76
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、同じ年ごろの女が二人、隣同士(となりどうし)に住んでおったと。
 二人とも機織(はたお)りが上手で、毎日毎日機(はた)の織り競(くら)べをしておった。
 村の市(いち)が近づいたので、二人はその市に着ていく着物を織ることにして、どっちがきれいに織るか競(きそ)うたと。

 
首にかせを掛けた蚯蚓挿絵:福本隆男

 一人の女は体裁よりも早く仕上げるという性質(たち)で、糸も太くあらく、織り方も粗雑であったが、とにかく織ってしまい、縫い方もぞんざいではあったが、もう着るばかりに出来上がったと。


 今一人の女は、急がないでも明日の日もあるという性質(たち)で、ひまはかかってもなるべく立派にして着ようと、糸も小さく丁寧(ていねい)に織った。
 そのためにひまどって、とうとう織り下(くだ)しも出来ない前に市の日が来てしまったと。
 着物に仕上げた方の女は、嬉しくてたまらずに、着て市に行ったと。
 織り下し出来なかった方の女は、仕方がないので、かせを首にかけて、甕(かめ)の中に入り、夫に担(かつ)がれて市に行ったと。
 二人は市の人ごみの中で出会った。

 
首にかせを掛けた蚯蚓挿絵:福本隆男

 「あすこに糸太がおる。あり見ろ、あり見ろ」
と、甕(かめ)の中の女があざけったと。
 「糸太でも着てこそ良かろう。甕打ち割ればからだは裸(はだか)」と糸太の女がわらい返したと。


 「なによ、粗雑女(そざつおんな)」
 「どういたしまして、手遅女(ておそおんな)」
 「なによ、雑女(ざつおんな)」
 「なによ、のろま」
 二人は人ごみの中であるのを忘れて、ののしり合うたと。
 夫は恥ずかしくてたまらん。担いでいた甕(かめ)をつい放り投げた。甕は割れたと。大勢の人達が振り向いた。


 女は首にかせをかけただけで、真っ裸だったから、恥(はず)かしくてたまらず、地の中に潜(もぐ)り込んだと。
 これが今でも首に白い輪のあるミミズなんだそうな。
 
 そりぎり。
 

「首にかせを掛けた蚯蚓」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

ミミズになるなんて、想像できなかったです。( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

鳥の戦争(とりのせんそう)

鳥の戦争(とりのせんそう)

むかし、むかしの大昔。あるときな、鳥たちが東と西に分かれて戦争をすることになったんだと。そこで、東の鳥たちは蝙蝠に加勢を頼みに行ったんだと。

この昔話を聴く

惣領息子(そうりょうむすこ)

惣領息子(そうりょうむすこ)

むかし、あるところに爺(じ)さと三人の兄弟が暮(く)らしておったと。ある日、爺さが兄弟を集めて、「お前だち、どうやらわしも年をとった。今日はひとつ、いちばん大きな事を言う者にかまどをゆずりたいが、どうだ」と、言いた。

この昔話を聴く

惚れ薬(ほれぐすり)

惚れ薬(ほれぐすり)

むかし、あるところに商人の番頭さんがおったと。「俺もそろそろ嫁ごを貰わんとならんが、どうせ貰うんなら美しい嫁ごが欲しいものだ」そう考えて、毎日毎日、あちらこちらと商売に行っていたら、あるところで、「惚れ薬」があるという耳よりの話を聞いたと。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!