※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

でこはなとてなが、あしなが
『でこ鼻と手長、足長』

― 新潟県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 ざっと昔があったてや。
 あるところに、でこ鼻と、手長と、足長の三人がおったと。
 でこ鼻はでっかい鼻をしてるし、手長はばかに手が長いし、足長は足が人の何倍もあったと。
 あるとき、三人でお伊勢参りをしたと。米山薬師の所まで来ると、見晴らしがいいので一休みしたと。
 でこ鼻が、
 「おう、こらええ気持ちだ。酒でも呑みたいな。足長、お前、一っ走(ぱし)り走(はし)って酒買ってこいや」
というたら、足長は長い足で長岡(ながおか)の町まで酒買いに走った。一反(いったん)の田圃(たんぼ)もひとまたぎで、あっというまに買って戻ったと。

でこ鼻と手長、足長挿絵:かわさき えり
 そしたら今度は、手長が長い手を小千谷(おじや)の海まで伸ばして、魚をとってくれた。
 三人は酒呑んで、ごっつぉ食べて、ぐっすり寝入ったと。
 しばらくたって、一番先に目を覚ました足長が、でこ鼻の鼻の穴をのぞきこんで、
 「なるほどでっこい鼻だ。ちょいと隠れてやろか」
というて、鼻の中にずんずん入っていったと。
 でこ鼻は、鼻がくすぐったくて、ハックションって、くしゃみをしたと。それがあんまりでっかい音で、手長が目を覚ました。

 「どうした、でこ鼻」
 「俺れの鼻ん中で何かが動きまわっているような・・・ハッ、ハッハックショ―ン」
 「おれが捜してみるべ」
 手長がその長い手をでこ鼻の中に入れてさぐっていたら、中にいた足長が面白がって、手長の手を踏みつけたと。
 「あいたたたぁ、どうやら、足長が中にいるようだなぁ。ひとつ呼んでみるべか」
 「ああ、そうしてけろ、どうにもこうにもくすぐったくって・・・ハックショ―ン」
 手長がでこ鼻の鼻の中に頭を入れて
 「おうい、足長よ―、おめ、そんなところで何しとるや―」
といった、
 「おう、おら―、煙草(たばこ)を刻(きざ)んどる最中(さいちゅう)だぁ一ぷくしたら出て行く―」
と返事がかえって来たと。
 「お、俺の鼻ん中で火ぃつけられたらたまらん。手長よ、何とかしてくれ」

 「と言われてもなぁ・・・、
 おうい足長よ―、中で火ぃつけても大丈夫(だいじょうぶ)かや―」
 「なんの火ぃぐらい。でこ鼻の鼻ん中には千軒の町があるすけぇ」
 「お、おい、でこ鼻、足長があんなこと言うてるが本当かや」
 「まさか、いっくら俺の鼻がでっかいったって、そんなことはねぇ」
 「おうい足長ぁ、嘘(うそ)こくでねぇ―」
 「なんの嘘なもんかぁ、嘘だと思うなら出して見ろや―」
 「よろ―しっ」
 手長が両手をぐ―んと鼻ん中にさし入れて改めてさぐってみると、確かに何かあり気なようすだ。

 力を込めて、ずるり、ずるり引っ張り出したら、何と、本当に千軒の町が出て来たと。
 それが、今日の柏崎(かしわざき)の町だったと。
 でこ鼻は驚くやら、得意になるやら、

 とても参らば米山薬師
 花の柏崎 目の下だ

 と歌ったと。

 いちご栄え申した。

「でこ鼻と手長、足長」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動

俺やん こんなこともあったなー

こんなおはなしも聴いてみませんか?

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

江戸時代の中ごろ、江戸の小石川、今の文京区に、病の妻を持つ田村という侍がいてたいそうお地蔵さまを信心しておった。侍は、毎日、毎日、妻の病が早くなおる…

この昔話を聴く

雉も啼かずば(きじもなかずば)

雉も啼かずば(きじもなかずば)

むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な家があって、父さんと娘とが暮らしてあった。あるとき、村の普請(ふしん)があって、川の堤(つつみ)を築(きず)き…

この昔話を聴く

こんにゃくの貰い風呂(こんにゃくのもらいぶろ)

こんにゃくの貰い風呂(こんにゃくのもらいぶろ)

むかし、山の中に古寺(ふるでら)があって、和尚さんがたった一人で住んでおった。ある夜、表の戸がトントンと叩かれるので、和尚さんが出てみると、一人の旅…

この昔話を聴く

現在784話掲載中!