※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

そうりょうむすこ
『惣領息子』

― 新潟県佐渡市 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに爺(じ)さと三人の兄弟(きょうだい)が暮(く)らしておったと。
 ある日、爺さが兄弟を集めて、
 「お前(め)だち、どうやらわしも年をとった。今日はひとつ、いちばん大きな事を言うた者(もん)にかまどをゆずりたいが、どうだ」
と、言うた。
 すると末っ子の弟が、
 「おらぁ、千石船(せんごくぶね)にいっぱいの米を、二日にも食うような身代(しんだい)になってみてえ」
と言うた。

惣領息子挿絵:かわさき えり
 爺さは、
 「うん、なかなか大きい大きい」
と、にこにこしながらうなずいたと。

 すると、まん中の弟が負(ま)けられんとばかりに、
 「おいらぁ、近江(おうみ)の湖(うみ)を庭の池とするような身代になってみてえ」
と言うた。爺さは、
 「うんうん。それもなかなか大きい大きい」
と、あごをなでなで、うなづいたと。
 さて、最後に残(のこ)った兄がどんな大きなことを言うかと、爺さも二人の弟も兄の方を向(む)いてうながしたが、兄は腕組(うでぐ)みをして、目をつむったまま黙(だま)っている。

 しびれを切らした末っ子の弟が、
 「兄者(あにじゃ)、何か言え、早よ言え」
とせかしたら、まん中の弟が、
 「兄者は、おいらが言うたことより大きいことが浮(う)かばなくて黙っているんか」
と、勝ちほこったように言うた。爺さも、
 「これ、兄や、お前え、いったい何が欲(ほ)しい」
と、さいそくしたら、やっと兄は目をあけ、爺さと弟たちを順番(じゅんばん)に見やったあげくに、
 「おらぁ、赤牛(あかべこ)のキンタマを三つ欲しい」
と言うた。

 爺さも、二人の弟もあっけにとられて、目をぱちくりしたと。
 ややあって、爺さが、
 「なに、赤牛のキンタマ・・・・・・だと。お前え、それをなんにする」
と聞くと兄は、
 「おらぁ、そのキンタマを、爺さが口へ一つ、弟どもの口へ一つずつ押(お)し込(こ)んでやりたい。そんな及(およ)びもつかんことを言うたって、何になる。言うても、言わいでも、おれが惣領(そうりょう)に決(き)まっとる」
と、こう言うたと。

  おしまい。

惣領息子挿絵:かわさき えり

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

「惣領息子」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

惣領息子(そうりょうむすこ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

福の神(ふくのかみ)

福の神(ふくのかみ)

 むかし、あるところに長者があったと。  来客がひきもきらず家業は盛んであったが、働くばかりで、ひと息つく暇もない。  ある日のこと、長者は八卦易者を訪ねて、  「わたしの家には朝から晩まで来客が多くて困っております。お客の来なくなる方法はないものでしょうか」 ときいた。

この昔話を聴く

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

むかし、むかし、あるお寺に和尚さまと施物を司る納所坊主さんと小坊主との三人がいたと。ここの和尚さまは餅が大好きで他所から貰っていつも己ひとりで食べるのだと。

この昔話を聴く

鴨鳥権兵衛(かもとりごんべえ)

鴨鳥権兵衛(かもとりごんべえ)

むかし、ある村に権兵衛さんという猟師がおったそうな。権兵衛さんは、冬になったら山に入って、鴨取ったり、兎取ったりして、夏になったら川へ行ってウナギ釣…

この昔話を聴く

現在737話掲載中!