※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

むじなときつねのばけくらべ
『ムジナとキツネの化けくらべ』

― 新潟県佐渡 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あったけど。
 狢(むじな)と狐(きつね)が、道でばったり会ったと。
 「狐どん、狐どん、ひさしぶりじゃのう」
 「これはこれは狢どん。本当にひさしぶりじゃ」
というているうちに、狐が、
 「どうじゃ、狢どん。二人で化けくらべをしまいか」
というと、狢も、
 「それはおもしろい。ひとつ、化けくらべをするか」
というた。それで、まずはじめに、狐がお宮さんの前で化けて見せることになった。

ムジナとキツネの化けくらべ挿絵:かわさき えり
 しばらくして、狢が約束のお宮さんの前に行くと、道の真中(まんなか)に、うまそうなまんじゅうが落ちている。
<これはうまそうなまんじゅうじゃわい>
と思うて、あたりをキョロキョロ見回し、誰(だれ)もいないと分かると、まんじゅうをさっと拾って、パクリと口の中に入れた。

 そのとたん、
 「痛(いた)い、 痛い 痛い 。狢どん、わしじゃ、わしじゃよ」
と、まんじゅうが口を聞いて、狐の姿(すがた)になった。狐が、まんじゅうに化けていたわけだ。
 狢は、
 「これはすまん。腹(はら)がへっていたから、ついつい食べてしもうた。それにしても上手に化けたなぁ」
と感心していた。そうしたら狐が、
 「それじゃあ、この化けくらべはわしの勝ちじゃな」
 「いいや、まだ分からん。明日、この道で大名(だいみょう)行列をして見せるから、うまくいったら手をたたいてはやしてくれ」
狢はそう言うと、帰って行った。

 さて、次の日、狐は昨日の場所で狢の大名行列が来るのを、いまかいまかと待っていた。そうしたら、
 「下にー、下にー、下にー、下にー」
と向こうから大名行列がやって来る。おともの侍(さむらい)も沢山いて、見るからに立派な行列だ。
 狐は行列がそばに来ると、思わず道に飛び出して、
 「うまい、うまい、よう化けたなあー、狢どん」
と、手をたたいてはやしたてた。

 ところが、その行列は、本当のお殿(との)様の行列だったからたまらん。おともの侍がさっとやって来て、
 「無礼(ぶれい)な狐め、エーイ」
と、きりかかった。やっと身をかわすと、ギャンギャンないて、山へ逃げていったと。

 狢は、この日、本当の大名行列が通ることを前から知っていたんだとさ。
 
 いきがぽぉんとさけた。

 
ムジナとキツネの化けくらべ挿絵:かわさき えり
 

新潟県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

むかしむかし、あるところにおっ母さんと息子とが居てあったと。息子は山で薪(たきぎ)を伐(き)っては町方へ売りに行き、親子二人その日その日を暮していたと。

この昔話を聴く

おまん狐(おまんきつね)

おまん狐(おまんきつね)

はァ、ちっとばか昔の話じャ。ある山奥に、まわりを峠(とうげ)に囲まれた里があってャ、稲刈りも終って、はァ、北風の吹きはじめる頃だったとョ。馬の背ェで…

この昔話を聴く

現在702話掲載中!