※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

せつぶんのおにとでんべえじい
『節分の鬼と伝兵衛爺』

― 新潟県小千谷市 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに伝兵衛(でんべえ)という爺(じい)がおった。酒とバクチとケンカが何より好きで、おまけに偏屈者(へんくつもん)であったと。

 ある年の節分の晩(ばん)、
 「よそと同じように豆まきしてもつまらん。おらとこはあべこべにやる」
 「そうれ、福は外、鬼(おに)は内」
というて、豆まきしたと。

 
節分の鬼と伝兵衛爺挿絵:かわさき えり

 そしたら、赤鬼と黒鬼とが駆(か)け込(こ)んで来た。


 「やぁありがたい。お前(め)だけだ、鬼は内言うてくれたのは。見てくれ、熱い豆をぶっつけられてヤケドが出来た。逃(に)げまわって腹(はら)へった。何かを食わせてくれ」
 「あぁ、びっくりした。けど、面白い。何も無(ね)えけど鰊(にしん)で良(え)がったら一緒に呑(の)まれ」

 伝兵衛爺と赤鬼、黒鬼は車座(くるまざ)で酒を呑んだと。
「爺さ、おかげでやっと節分らしくなった。お礼に、お前に銭(ぜに)もうけさせてやる。お前はバクチが好きだから、おらたちがサイコロになる」
 「んだ。お前の望みの目を出してやる。これからバクチ場さ行って銭もうけすれ」

 
節分の鬼と伝兵衛爺挿絵:かわさき えり

 赤鬼と黒鬼は、こういうとでんぐりをうって、コロコロと二つのサイコロになった。
 爺さは鬼の化けた二つのサイコロを転がして、面白いようにもうかったと。


 「伝兵衛爺、おらたちもおかげで今年の節分は楽しかった。また来年も来るから、そしたらまた呑むべ」
というて、赤鬼と黒鬼は帰って行ったと。

 次の年の節分になった。
 爺さは、酒やごっつぉを用意して、また、
 「福は外、鬼は内」
いうて、豆まきしたと。

 が、どうしたのか、いくら待っても、なんぼまいても、鬼たちはやって来なかったと。
 次の年も、その次の年も来なかったと。

 そのうちに伝兵衛爺は病気で死んでしもうた。

 
 地獄(じごく)へ行ったと。えんまさまが、
 「これ伝兵衛、お前(め)は娑婆(しゃば)で悪(わり)いことばっかりしてたから釜(かま)ゆでにする。これ鬼ども、伝兵衛を釜の中へ入れろ」
いうて、「ヘーイ」「ヘーイ」と出て来た鬼どもを見たら、あの赤鬼と黒鬼だった。

 「おう、お前は伝兵衛爺だねか」
 「ほんにお前は地獄へ来たか」
と、なつかしがったと。

 
節分の鬼と伝兵衛爺挿絵:かわさき えり

 赤鬼と黒鬼とで大釜の湯のところへ爺さを担(かつ)ぎ運びながら、小声で、
 「地獄へ来たら、おらたちにまかせておけや」
 「んだ、なんも案じるこたぁ無(ね)ぇ」
と、ささやいた。


 そして、わざと乱暴(らんぼう)に釜の中に投げ入れた。湯は熱いどころか、ほどよいかげんだったと。爺さは、
 「うんこれはまんず、殿(との)様湯だな。お前たちも一緒にどうだ」
と、いい気なもんだ。えんまさまが怒(おこ)って、
 「そんげな奴ぁ鉛(なまり)の熱湯を飲ませろ」
と、いうたら、黒鬼が鉛の熱湯のかわりに酒一升(いっしょう)を黒鍋(なべ)でわかして呑ませたと。
 「ええ匂(にお)いだ、うんめえな」
と、嬉(うれ)しそうにンゴンゴ呑みほすのを見たえんまさま、いよいよ怒って、
 「お前たち、伝兵衛の奴(やつ)を呑んでしまえ」
というた。

 
そこで赤鬼が、
 「お前を呑み込むけど案じるな」
と、ささやいて、大口あけてベロリ呑み込んだと。
 爺さ、腹の中で、へその筋(すじ)を引っぱったら赤鬼は、
 「こちょばゆい、こちょばゆい、イーヒッヒ、イーヒッヒ」
と笑うた。金玉の筋を引っぱったら、チンチンおったてて、「痛(い)て、痛て、痛ぇー」いうて大げさに転げまわってみせたと。黒鬼が、
 「えんまさま、あの通りでござんすが、今度(こんだ)はどうしたもんでしょう」
ときくと、えんまさま、
 「にっくき爺だ。そんな奴ぁ地獄に置けん。娑婆へ吐(は)き出してしまえ」
というた。そこで赤鬼は、
 「ガーッ」
と、いせいよく吐き出したと。


 これを「鬼のへど」というて、今でも強い吐き出しを「鬼のへど」といっている。
 鬼のへどで吐き出された伝兵衛爺は、また娑婆へ生まれ変わって、今度ぁ長生きしたと。
 
 いちごさけえた、鍋の下ガリガリ。

「節分の鬼と伝兵衛爺」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

節分の鬼と伝兵衛爺(せつぶんのおにとでんべえじい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

吉四六さんの柿 二題(きっちょむさんのかき にだい)

むかし、吉四六さんが裏の柿の下で薪割りをするためにマサカリを振り上げたら、枝の熟柿が頭に落ちてきたと。てっきりまさかりの刃が抜けて頭に落ちてきたと思うたもんじゃき、「うわぁ、大変じゃ。誰か来ちくりィ。ああ痛え、早う医者を呼んでくりい」と、大騒ぎだと。

この昔話を聴く

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠(ばっちょがさ)

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠(ばっちょがさ)

むかし、むかし、あるところに、爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが住んでおったと。家が貧乏(びんぼう)で、年取りの夜(よ)さになっても、一粒(ひとつぶ)…

この昔話を聴く

金の斧 銀の斧(きんのおの ぎんのおの)

金の斧 銀の斧(きんのおの ぎんのおの)

むかし、あるところに、正直な木樵(きこり)がおって、毎日、山の中で木を伐(き)って暮らしておったそうな。ある日、池の側の森で木を伐っていたら・・・

この昔話を聴く

現在760話掲載中!