※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『ツーツー、カラカラ』

― 新潟県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに古寺があったそうな。
 その寺では化物が出て、和尚(おしょう)さまが住んでもすぐに食われてしまうのだと。それで、誰(だれ)も和尚さまの来手が無くなったと。
 あるとき、強そうな侍(さむらい)がこの話を聞いて、
 「わしが退治(たいじ)してくれる」
というて、囲炉裏(いろり)にドンドコ火を焚(た)いて、夜っぴいて化物を待っていたと。

 
ツーツー、カラカラ挿絵:かわさき えり

 そしたら、真夜中ごろに、
 ツー、ツー、カラカラ
 ツー、ツー、カラカラ
という音がして、誰かが戸の外へ来たようだ。間なしに、
 「お疲(つか)れなんしょ」
というて入って来たのを見たら、座頭(ざとう)だった。


 「おら、京へ上る座頭だが、今夜一晩(ひとばん)泊(と)めて呉(く)られ」
というので、侍は、
 「おう、泊まれや。化物が出るというこんだが、なに、わしが退治してやろうと待っていたところだ。恐(おそ)れをなしてか、一向に出て来る気配が無い。一緒(いっしょ)に泊(と)まろうぞ」
というた。
 すると座頭は、囲炉裏端(いろりばた)へ座って、背中の風呂敷(ふろしき)包みを下ろして、湯気がホヤホヤ立っているカイモチを出した。そして、うまそうに食べ始めた。ムシャムシャって。


 侍はちょうど腹(はら)が減(へ)っていたところなので、食いたそうに見ていたら、座頭が、
 「お侍さまも、ひとつ、どうですか」
というて、差し出したと。
 「ありがたく馳走(ちそう)になる」
と、ひとつもらって額(ひたい)のところへ戴(いただ)いたら、額と手がカイモチにひっついてしまった。もう一方の手で取り除(のぞ)こうとしたら、その手も額のカイモチにひっついてしまった。今度は足で取り除こうとしたら、両足とも額にひっついてしまったと。


 そしたら、座頭が、
 「今夜も魚(とと)が捕(と)れたがな、ヨインガサ、ヨインガサ」
というて、侍をどこかに引っ張(ぱ)って行った。
 また、寺には誰(だれ)も居(い)なくなったと。
 
 しばらくして、また、強そうな侍が来た。
 囲炉裏端で、化物が出て来るのを待っていたと。そしたら、真夜中ごろに、
 ツー、ツー、カラカラ
 ツー、ツー、カラカラ
と音がして、座頭が現(あらわ)れたと。


 「おら、京へ上る座頭だが、今夜一晩泊めて呉られ」
というた。侍はウムと頷(うなず)いた。
 すると座頭は、背中の風呂敷包みを下ろして、湯気がホヤホヤ立っているカイモチを出した。うまそうに食べながら、
 「ひとつ、どうですか」
というて、差し出した。侍は、目を細めて座頭を見ながら小さく顎(あご)を振った。座頭は、
 「そんなかたいことを言わんで」
というて、手に持ったカイモチを、ホレとばかりに差し出し、いきなり侍へ投げつけた。


 侍の頭に、ネバネバした網(あみ)のようなものが被(かぶ)さったと。
 「うぬ、やはり化物だったか」
というや、刀で斬(き)りつけた。
 座頭は、キーと喚(わめ)き、
 ツー、ツー、カラカラ
 ツー、ツー、カラカラ
と音を立てて、どこかへ逃げて行ったと。


 朝になって、様子を見に来た村衆(むらのし)と一緒に血の跡(あと)をたどって行ったら、本堂の仏様(ほとけさま)の台座の下に、でっかい穴(あな)があって、そこに大っきい蜘蛛(くも)が血だらけになって死んでいたと。

 
ツーツー、カラカラ挿絵:かわさき えり

 穴の中には、人の骨(ほね)がいっぱいあったと。
 
 いきが ぽんと さけた。

「ツーツー、カラカラ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

ツーツー、カラカラ

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

柳の美男(やなぎのびなん)

柳の美男(やなぎのびなん)

昔、盛岡の木伏に美しい娘があったと。毎日家の前の北上川へ出て、勢よく伸びた柳の木の下で洗濯物をしていた。あるとき、その娘がいつものとうり洗濯に出たまま行方がわからなくなったと。

この昔話を聴く

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじさま)

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじさま)

むかし、あるところにひとりの爺さまが住んでおったと。爺さまは、面白い昔コ語っては、人を笑わせていたと。ところが爺さまも年も年とて、ある日、ころっと死んでしもうた。

この昔話を聴く

猫絵十兵衛(ねこえじゅうべえ)

猫絵十兵衛(ねこえじゅうべえ)

むかし、あるところに猫絵十兵衛(ねこえじゅうべえ)という飴(あめ)売りがおったそうな。十兵衛は猫の絵を書くのが大層うまくて、画かれた絵の猫は、どれも…

この昔話を聴く

現在760話掲載中!