※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

まめすけばなし
『豆助話』

― 新潟県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
資料 「佐渡島昔話集」鈴木棠三編 三省堂
提供 フジパン株式会社

 むかし昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとがあったと。
 爺さんと婆さんには、子供がなかった。欲しくて欲しくてならん。二人して、毎日、観音様(かんのんさま)へ願(がん)かけしていたと。
 「どうか、子を授(さず)けて下さい」
 「豆助(まめすけ)のような子でもよいから、どうかお願い致します」

 
豆助話挿絵:福本隆男
 
 ある日、婆さんの手の親指の腹(はら)にオデキが出来た。日が経つにしたがって、プクーッとふくらんで、ただごとでない。
 「爺さん、爺さん、なんだか妙(みょう)なあんばいじゃが」
 「どんなんだ」
 「オデキの中で、なにかが動いた」
 「虫でも入ったか」


 「そだろうか」
 「どれどれ」
 「痛て、爺さんなにするや」
 「これ、手え引っ込めるな。見せろ」
 「だって…」
 「つぶさにゃ、わからんじゃろが」
 「つぶされんのいやだ。この腫(は)れたの、俺、なんだが、日毎(ひごと)に愛(いと)おしくなってるみていだ」
 「変な婆さんだな」
 「爺さん、これ、もしかしたら観音様のお授かりもんでねえかや」
 「ほんとかや、婆さん」
 「わかんねえけど」
 「こりゃ、大事(おおごと)だ」
 爺さんは、婆さんの手を使わさないようにして、
 「今日は、どんな具合だ」
って、腫れモノを、そろっとなでる毎日だと。


 ある日の朝方、その親指がポンと音を立てて裂(さ)けた。中から、豆粒(まめつぶ)ほどの小(こ)んまい赤児(あかご)が産まれたと。
 やっぱり観音様のお授けじゃったぁ言うて、二人は大喜び。その児(こ)に豆助と名前をつけて、大切に、大切に育てたと。

 だんだん年が経って、十七歳(さい)になったが、やっぱり豆粒ほどであったと。


 ある日、豆助は、爺さんと婆さんに、
 「外の世界を見てきたい」
と言うた。爺さんと婆さんは心配でならんかったけれど、小んまい重箱(じゅうばこ)を作って、その中に香煎(こうせん)の粉を入れ、持たせて送り出したと。
 豆助は、それを持って出掛けた。

 いくがいくがいくと、一軒(いっけん)の大きな屋敷(やしき)があった。酒造(さけづく)りの屋敷だったと。
 屋敷の玄関に入って、
 「おたのみ申す」
とよんだけど、誰(だれ)も出て来ない。また、
 「誰かおらんか、おたのみ申す」
と叫んだら、ようやく下男(げなん)が出てきた。


 「はて、誰か来たようだったが」
と言うて、キョロ、キョロ探している。豆助が、
 「ここだ、ここだ」
と言うと、下男はかがみこんで下駄(げた)をよけた。豆助は下駄の下にいたと。
 
豆助話挿絵:福本隆男

 
 下男は驚(おどろ)いて主人を呼びに行くと、家じゅうの者たちが玄関に集まった。主人が、
 「なんとまあ、小んまいお人じゃあ。どうなされた。何故(なにゆえ)、当家(とうけ)へ来られた」
 「旅学問(たびがくもん)の途中の者で、豆助と申します。お宿をお願いしたいと思い立ち寄りました」
 「そういうことなら、どうぞ、いつまででもお宿をいたしましょう」
というて、豆助を泊めてくれたと。


 豆助はその屋敷に長逗留(ながとうりゅう)して、酒造りやら商売のやり方やら、さまざまなことを教わった。
 この屋敷には娘が三人にて、中の娘が一番器量(きりょう)よしだった。豆助を一番珍(めずら)しがり、また可愛がったのも、この、中の娘だった。
 豆助はこの娘を嫁に欲しくなった。
 ある夜、三人の娘の寝(ね)ている部屋へ忍び込み、婆さんが作って持たせてくれた香煎を、中の娘の口のまわりに塗(ぬ)りつけた。枕元にもこぼして、重箱を布団(ふとん)の下に隠(かく)したと。


 次の朝、豆助は、これ見よがしに泣(な)いた。
 早起きの主人がそれを見つけて、泣いている理由(わけ)をきいた。
 「どうした。家でも恋しくなったか」
 「いえ、香煎の入った重箱が無くなったぁ」
 「重箱も香煎も作ってやるから泣くな」
 「親からもらったものだものぉ」
 「どこかにしまい忘れたのじゃないか」
 「夕べ、枕元(まくらもと)に置(お)いて寝て、起きたらなくなっていた。誰かが盗(と)ったに違いないー」
 「これ、人聞きの悪いことをいうな。この家(や)には、そんな卑(いや)しい者はおらん」
 「だけど、無くなっているう」
 「それほどいうなら、みなに聞いてみよう」
 主人は家の者を片端(かたはし)から起こして調べたと。が、使用人は皆々、知らんと迷惑(めいわく)がった。


 あとは三人の娘だけが残った。
 そこで三人の娘が寝ている部屋に行った。
 主人が部屋に入ると、中の娘の口のまわりに香煎がついていた。
 娘を起こして問いただしたら、娘は食べた覚えがないという。
 散らかっている香煎に目をやった主人は、布団をめくってみた。布団の下に重箱があったと。
 「これは何だ。これでも白(しら)を切るか」
 怒った主人は、
 「こんなことをする者は我が娘とは思わん。どこへでも出て行け。
 豆助どの、相済(あいす)みません。なんともお恥(はず)ずかしい限りです。娘を煮(に)るなと焼(や)くなと、お好きにされ。しかし、こんな騒動(そうどう)があっては豆助どのにも、この家に居てもらうことは出来ません」
と言うた。

 
豆助話挿絵:福本隆男

 豆助は、中の娘を連れて家に帰ったと。


 娘は道々(みちみち)考えたと。どう考えても豆助の策略(さくりゃく)としか思えない。ぬれぎぬを着せられて、腹が立ってならない。いっそ、豆助を殺してしまえば少しは心が晴れる。そう思うて、先を歩いている豆助を踏(ふ)みつぶそうとするのだが、豆助は、そんな娘の心の内を読みきって、チョロチョロッと娘の足をさけてしまう。
 
 わざと遅く歩けば、豆助は立ち止まって、
 「おぅい、お方、早う来い」
と呼ぶ。
 「あいつ、すっかり私の夫のつもりでいる」
と、いよいよ豆助が憎(にく)くなった。
 追いかけて、また踏みつぶそうとしたら、やっぱり逃げられる。
 とうとう、豆助の家に着いてしまったと。
 爺さんと婆さんは、豆助が無事で、おまけに立派(りっぱ)な器量よしの娘を嫁(よめ)にして帰って来たので大喜(おおよろこ)びだ。
 まずは、旅の疲れをとれ、いうて、風呂(ふろ)をたてたと。


 豆助が先に入り、嫁があとだと。
 豆助が湯の中から、
 「おぅい、お方、垢(あか)を落としに来てくれ」
と言うた。娘は、今度こそ、おぼれ殺してやりましょうと思い、竹箒(たけぼうき)で湯をガンラガンラ掻(か)き回したと。
 豆助は湯の中をクルクル回りながら、潜(もぐ)ったり浮いたりしておった。
 娘は、それでも湯を掻き回すのを止めなかった。そしたら、突然、パァーンと大きな音がして、豆助の体が裂けた。

 
豆助話挿絵:福本隆男

 裂けたと思うたら、湯の中に景色(けしき)のいい立派な若者が立っておった。
 音に驚(おどろ)いて、爺さんと婆さんもすっ飛んできた。


 湯の中に見たことのない、立派な若者が立っていたので、二人もびっくりしたと。
 「誰かね、お前さんは」
 「俺だ、豆助だ。お方のおかげで、一人前の人間の姿になることが出来た。
 これからは、お方と二人で親孝行をしますから、安心して下さい」
 爺さんも婆さんも、驚くやら、喜ぶやら。
 娘も、豆助が観音様の申し子であったことを知らされてから、嫁に選(えら)ばれたことを喜んだと。


 酒作りの実家にも知らせ、盛大(せいだい)な祝言(しゅうげん)をあげ、皆々安楽(あんらく)に暮らしたと。
 
 いちごさけた、どっぴん。

「豆助話」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

豆助話(まめすけばなし)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

久米七の妖術(くめしちのようじゅつ)

久米七の妖術(くめしちのようじゅつ)

 とんとむかし、土佐(とさ)の窪(くぼ)川の藤(ふじ)の川に、久米七(くめしち)という男がおったそうな。土佐の人ではなく、肥後(ひご)の生まれとか、また、久米(くるめ)の仙(せん)人の生まれかわりとか言われたりして、その正体ははっきりせざったと。

この昔話を聴く

犬の眼(いぬのめ)

犬の眼(いぬのめ)

昔、あるところに一人の男があった。男は眼(め)の病気になったと。痒(かゆ)くなり、痛(いた)くなり、かすんできて、だんだん見えなくなった。

この昔話を聴く

半ぴどんと外記どん(はんぴどんとげきどん)

半ぴどんと外記どん(はんぴどんとげきどん)

昔、日向(ひゅうが)の国、今の宮崎県(みやざきけん)の跡江(あとえ)に半ぴどんというとんちものが居(お)ったと。ある日のこと、跡江の半ぴどんが「高岡…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!