※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きっちょむさんのものうり
『吉四六さんの物売り』

― 大分県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、大分県野津市(のづいち)というところに、吉四六(きっちょむ)さんという、面白(おもしろ)い男がおったそうな。
 とっさの時、心のはたらき方が面白いのだと。
 ある時、吉四六さんが打綿(うちわた)を持って臼杵(うすき)の町へ売りに出たんだと。
 が、めったに町へ出掛けなかったもので、道がよくわからん。困っていると、後ろの方から一人の壷売(つぼうり)が、
 「ええ、壷はいらんなあ、ツボはいらんなあ」
と、大声でやって来た。
 「よしよし、このツボ売りの後ろからついて行けば、間違いなく町を一巡(ひとめぐり)できるぞ。こりゃいいあんばいじゃ」 

 挿絵:かわさき えり
 吉四六さん、何げない顔でツボ売りの後ろにまわった。
 ツボ売りが大きな声で
 「ツボはいらんなあ」
と、売り口上(こうじょう)をいうと、吉四六さんは、あとから、
 「ええ、打綿、ウチワッタ―」
と、売り口上をいう。 

 「ツボはいらんな」
 「え―、ウチワッタ―」
 「ツボはいらんな」
 はたから聞いていると、打ち割った壷、と聞こえるので町の人はクスクス笑って誰も相手にせん。
 ツボ売りは、吉四六さんにお金を渡し帰ってもらった。
 『こりゃ、商売するよりこっちの方がよっほど儲かるわい』
 と喜んだ吉四六さん、次の日は、種売(たねう)りが通っているのを見つけ、そのあとから、古眼鏡(ふるめがね)を棒の先にくくりつけて、ついていった。
 「種はいらんなあ」
と言うあとに続けて、
 「え―、めがね―」
と妙(みょう)な売り声をあげる。 

 「種はいらんなあ」
 「え―、めがね―」「種はいらんなあ」
 芽が無い種と聞こえて誰も買い手が無い。
 種売りもまた、吉四六さんにお金を渡して帰ってもらった。

挿絵:かわさき えり
 

 いよいよ味をしめた吉四六さん、その次の日は、魚屋さんの後ろから、フルイを持ってついて行った。
 天秤棒をかついだ魚屋が威勢よく
 「イワシ、イワシ、イワシはいらんなあ」
というと、あとから、
 「ええ、フルイ、フルイ―」
と続ける。
 「イワシ、イワシはいらんなあ」
 「ええ、フルイ」「イワシはいらんなあ」
 古いイワシと聞こえるもので、やっぱり買手が無い。
 魚屋も吉四六さんにお金をやって帰ってもらったと。 

 吉四六さん、あしたは、何売りが通るか、待ち遠しくってしょうがなかったと。

 むかしまっこう猿まっこ、猿のお尻はまっ赤いしょ。 

「吉四六さんの物売り」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

吉四六さんの物売り(きっちょむさんのものうり)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

仏様に失礼(ほとけさまにしつれい)

仏様に失礼(ほとけさまにしつれい)

むかし、ある寺にとんち名人の一休さんという小僧がおった。 この一休さんには、物識り和尚さんもたじたじさせられておったと。 「一遍でもええから、一休をへこませてやりたいもんじゃ」 つねづねそう思っていた和尚さん、ある晩いい考えが浮かんだ。

この昔話を聴く

兎と亀とフクロウ(うさぎとかめとふくろう)

兎と亀とフクロウ(うさぎとかめとふくろう)

むかし、むかしの大昔。ある山に兎と亀とフクロウが仲良う暮らしていたんやと。ある日のこと、兎が亀にこう言うんや。「亀やんよう、昔、昔のことに、わしのご…

この昔話を聴く

尻鳴り袋(しりなりぶくろ)

尻鳴り袋(しりなりぶくろ)

昔、前田の滝の沢に、三太ていう正直な男いてあったど。妻と二人で毎日釜焼していたけど。したども貧乏で、その上子供いっぺえ持って、食わせるもなも出来ねぇほど難儀していたど。

この昔話を聴く

現在791話掲載中!