※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きっちょむさんのだいじゃたいじ
『吉四六さんの大蛇退治』

― 大分県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、豊後の国、今の大分県臼杵市野津町(うすきしのつまち)大字野津市(のついち)というところに、吉四六さんというとても面白い男がおった。

 この吉四六さんの村の山ん中に、気味の悪い大沼(おおぬま)があったそうな。
 「あそこには、遠い昔から沼の主(ぬし)の大蛇(だいじゃ)が棲んじょるっちゅうぞ」
 「何でも、昔は幾(いく)たりとも人が呑(の)まれたっちゅうき」
 村人たちは口々(くちぐち)にうわさしあい、怖(おそ)ろしがって、だあれも近寄らないところだったと。


 ある日、そこを吉四六さんが通ったんだと。背中には、隣村(となりむら)の水車小屋で麦を挽(ひ)いて作ったハッタイ粉を、大きな布袋(ぬのぶくろ)に入れて担(かつ)いどる。重いし、日暮れは近いし、早く家にたどり着きたい一心で、沼の主のことなんぞ、すっぽぉんと忘れておった。すると、
 「ザワ、ザワ、ザザザァー」
と藪(やぶ)を分けて、何かがこっちへやって来るんだと。

 ハッとして足を止めた吉四六さん、
 「き、き、きやがったぁ。俺(おれ)がバカじゃった。すっかり沼の主のことを忘れちょった」
 青くなって、あわてて近くの木に登った。

 おそるおそる下をのぞくと、おおっ、恐(こ)わ。
 太っとい蛇が、鎌首(かまくび)をもたげて、赤い舌をシュー、シューしとる。真っ赤な眼(まなこ)をギランと光らせて、今にもとびかかってきそうだ。

 
吉四六さんの大蛇退治挿絵:かわさき えり
 「ひゃあぁ」
 もっと上に登らにゃ、と木にしがみついてドタバタしたら、背負っていた布袋の縛(しば)りがほどけて、ハッタイ粉がザァーッとぶちまかった。

 間のよいことに、蛇が吉四六さんを咬(か)もうとして口を開けたところだったもんで、大っきな口一杯に詰(つ)まったと。大蛇は息も出来ん。苦しそうにのたうちまわったあげくに、死んでしもうたと。

 
 命拾いをした吉四六さん、村に帰ると、ケロッとして、大沼の主を退治した言うち、手柄話(てがらばなし)に花を咲かせたそうな。
 もしもし米ん団子、早う食わな冷ゆるど。
 
吉四六さんの大蛇退治挿絵:かわさき えり

大分県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

宝化物(たからばけもの)

宝化物(たからばけもの)

昔、あるところに、人の住まない荒(あ)れた屋敷(やしき)があったそうな。何でも昔は、分限者(ぶげんしゃ)が住んでいたそうだが、どうしたわけか、一家みな次々に死に絶(た)えてしもうて、そののちは、だあれも住む人もなく、屋敷と仏壇(ぶつだん)だけが荒れるがままの恐(おそ)ろしげになっておった。

この昔話を聴く

ごくどう鰻(ごくどううなぎ)

ごくどう鰻(ごくどううなぎ)

若い頃、おら毎日、鰻を釣りに行きよった。川の堤防の石垣に穴があったが、下から十三番目の穴だけは餌を近づけたら『がぼっ』と取られてしまう。おら、腹が立つやら気味が悪いやらで文次おじいに話したら、「やめちょけ、あれは極道鰻(ごくどううなぎ)じゃ」と言う。

この昔話を聴く

錦絵の姉さま(にしきえのあねさま)

錦絵の姉さま(にしきえのあねさま)

むかし、あるところに貧乏な婆(ばあ)さまと伜(せがれ)が住んでおったと。伜がその日その日の手間取りに歩いて、わずかな手間賃をもらって暮らしておったと…

この昔話を聴く

現在723話掲載中!