※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きっちょむさんしりをかかえる
『吉四六さん尻をかかえる』

― 大分県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、豊後(ぶんご)の国、今の大分県大野郡野津町(おおのぐんのつまち)の野津市(のついち)
【現在は臼杵市野津町大字野津市(うすきしのつまちおおあざのついち)】
というところに、吉四六(きっちょむ)さんという面白い男がおった。

 あるとき、吉四六さんが寄(よ)り合いで近所の家に行ったと。
 長いこと話し合っていたので、小便をしたくなった。

 
吉四六さん尻をかかえる挿絵:かわさき えり

 「星を見ながらするっちゅうのもオツなもんじゃ」
 外へ出ると、物置き小屋のそばに、お婆(ばあ)さんがおって、声をかけられた。


 「そこにおるのは吉四六かのう。ちくと手伝うちくれんかや」
 「ええとも、何じゃい」
 「すまんがのう、ちくと尻をかかえちくだんせ」
 「へ!?尻をか!?おれは前の方に用があるんじゃが…、ま、小便をする前に手伝うちやろかい」
 「こっちじゃき、こっちへ来てくだんせ」


 吉四六さんを物置きに手招(まね)きして、お婆さん、棚(たな)の壺(つぼ)を取ろうと梯子段(はしごだん)をのぼった。
 「うーんしょ、少々重いぞな、しっかり尻(しり)をおさえててくだんせ」
 「大丈夫じゃ、おさえちょる」
 吉四六さんがいきんで答えたので、お婆さんは壺を持った手を放した。

 
吉四六さん尻をかかえる挿絵:かわさき えり

 そのとたん、ガッチャーンと壷は土間に落ちて割(わ)れ、ドブロクがとび散った。
 お婆さんの怒(おこ)るまいことか。
 「大丈夫、おさえた、ちゅうで手を放したらこげんこっちゃ。せっかく婆がみんなにふるまおうと思うちょったに……。 これ吉四六、お前、なし尻をおさえんじゃった」


 「なに言うか、よう見ちくだんせ、尻は力いっぱいおさえちょろ」
 お婆さんが、シワクチャ眼(まなこ)を細うにしてよおっく見ると、なんと吉四六さん、ウンウンいきんで真っ赤になって自分の尻をおさえておったと。
 
 もしもし米ん団子(だんご)、早よう食わな冷ゆるど。

「吉四六さん尻をかかえる」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

吉四六さんのお話は「アハハ」と笑えるから大好きです( 50代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

むかし、むかし、あるお寺に和尚さまと施物を司る納所坊主さんと小坊主との三人がいたと。ここの和尚さまは餅が大好きで他所から貰っていつも己ひとりで食べるのだと。

この昔話を聴く

火車猫(かしゃねこ)

火車猫(かしゃねこ)

 むかしあったんですと。  火車猫(かしゃねこ)というのがあったんですと。  火車猫というのは猫が化けたものですが、なんでも、十三年以上生きた猫が火車猫になると、昔から言われています。

この昔話を聴く

継子と六月息子(ままことろくがつむすこ)

継子と六月息子(ままことろくがつむすこ)

むかし、あるところにお雪(ゆき)とお君(きみ)という二人の姉妹(しまい)があった。姉のお雪は先妻(せんさい)の子で、お君は後妻(ごさい)の子であった…

この昔話を聴く

現在790話掲載中!