※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きっちょむさんのいじくらべ
『吉四六さんの意地くらべ』

― 大分県臼杵市 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 昔、豊後(ぶんご)の国、今の大分県臼杵市(おおいたけんうすきし)野津町(のつまち)大字野津市(おおあざのついち)というところに、吉四六(きっちょむ)さんという頓智(とんち)にたけた面白い男がおった。

 
吉四六さんの意地くらべ挿絵:福本隆男
 
 ある日吉四六さんは、村一番のつむじ曲がりの爺(じい)さんのところへ出向いたと。

 
「爺さんや、明日っからおれとアマノジャク競(くら)べをせんかや」
 「ほう、そりゃ面白そうじゃのう。へじゃが、お前(めえ)がいかに頓智者だちいうても、わしに勝てるかや。わしゃ子供ん時からのアマノジャクじゃき、年季(ねんき)が入ぇっちょるぞ」
 爺さんは、他人(ひと)が右と言えば左、上といえば下と答えて、何でもかんでも反対を唱えなければ気のすまん性質(たち)で、村の人をたびたび困らせておったと。


 次の日、爺さんは川へ魚釣(つ)りに行った。
 「お、また釣れた。ホーホー」
 ビクからこぼれるほど釣って、さて帰ろうとしていたら、そこへ吉四六さんがやって来た。
 「やぁ爺さん、魚釣りかや」
 「う……」
 爺さん、うん、とは言わない。言ったら沽券(こけん)にかかわる。

 
吉四六さんの意地くらべ挿絵:福本隆男

 「うんにゃ。なに、魚を捨てちょるんじゃ」
ち言うち、ビクから魚を二、三匹つまんで川へ放り捨てたと。
 ニヤッと笑った吉四六さん。
 「ほう、そりゃまことな。そんなら俺(おれ)が拾うちょこ」
ち言うち、爺さんのうらめしそうな顔を尻目(しりめ)に、魚をみんな持って行ってしまった。


 「こりゃ意地でも吉四六にゃあ負けられん。わしも同じ手で仕返しをしちゃろ」
 爺さん、手ぐすねひいて機会(きかい)を待っていたら、あるとき吉四六さんが田圃(たんぼ)で稲刈りをしておった。
 「やあ、吉四六、稲刈りかや」
 「う……」
 吉四六さん、うん、とは言わない。言ったら負けになる。
 「いや、そうじゃねぇ、稲捨てだ」
 「ほうか、ほうか、捨てちょるんか。そんなら拾うて行くか。

 
吉四六さんの意地くらべ挿絵:福本隆男

 うまくいったとほくそ笑んだ爺さんは、吉四六さんの刈り取った稲を、どんどこ、どんどこ運んでいったと。
 ところが吉四六さん、少しもあわてない。
 嬉しそうな顔をして、後からついて行った。


 そして、家に着いた爺さんが稲をきれいに束(たば)ね終えるのを待って、声をかけた。
 「爺さん、稲拾い行ったのかや」
 「うんにゃ、稲刈りに行って来たんじゃ」
 「借りたもんなら返しちくりぃ」
 吉四六さん、らくらく稲束を取り返してしまったと。
 爺さん、すっかりしょげてしまって、それからは、吉四六さんの前ではアマノジャクを言わなくなったそうな。
 
 もしもし米ん団子(だんご) 早よう食わな冷ゆるど。
 

「吉四六さんの意地くらべ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

吉四六さんの話はおもしろいから好きです( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

銀杏狸(いちょうだぬき)

銀杏狸(いちょうだぬき)

四国の伊予市から宇和島へぬける郡中街道に、昔から目印になっている銀杏の木がある。その木には、銀杏狸ちゅう一族が住んでいて、枝に化けるのを専門にしておった。

この昔話を聴く

天福地福(てんぷくちふく)

天福地福(てんぷくちふく)

むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なお爺(じい)さんがおったと。「正月二日の晩に、宝船(たからぶね)の絵を枕(まくら)の下にして寝れば良い夢を見る」と聞いたので、爺さんはその通りにして寝た。

この昔話を聴く

肝だめし(きもだめし)

肝だめし(きもだめし)

ある夏の夜のこと、十人近い子どもたちが肝だめしをやろうと大きなお寺の前に集った。 「なんだかお化けが出そうだなぁー」 「平気、平気、お化けなんか出るわけないよ」 「でも、やっぱり、こわいなぁー」子どもたちは、わいわいがやがやさわいでいた。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!